セルフマネジメントとは?自己管理スキルを高めて望む成果を得る方法

 セルフマネジメントとは自己管理スキルを指し、具体的には自分の思考・感情・行動を管理することです。
 
セルフマネジメントは、組織で働くビジネスパーソンに求められる重要なビジネススキルであると同時に、個人の幸せな人生や夢の実現にも必要不可欠な能力です。
 
しかしながら、「セルフマネジメントを身につけたい」と思っても、具体的にどこから手を付けていいのかわからない、というのが本音ではないでしょうか。
 
そこで本記事では、セルフマネジメントとは具体的に何なのかを紐解きながら、習得するための道筋を解説します。

本記事のポイント

  • セルフマネジメントが明確に理解できる
  • 具体的にどんなスキルを習得すれば良いのかわかる
  • セルフマネジメントに強くなるコツを解説

「セルフマネジメントについて知りたい」
「自己管理・自己コントロールに強くなりたい」
…という方におすすめの内容となっています。
 
セルフマネジメントを知れば、ビジネスで成功するのはもちろん、自分の目標や理想像に向かって「なりたい自分になる」ことができます。さっそく解説を始めましょう。

みんちゃれ無料ダウンロード
みんちゃれ無料ダウンロード

1. セルフマネジメントとは何か


まずはセルフマネジメントとは何か、基礎知識から見ていきましょう。

1-1. セルフマネジメントとは自分の思考・感情・行動を管理すること

 セルフマネジメントとは、自己管理のことですが、具体的に何を管理するのかといえば「自分の思考・感情・行動」です。


自分の思考・感情・行動を意識的に制御する力を、セルフマネジメント力といいます。

意図的なセルフマネジメントは、目標達成やキャリアアップ、夢や願望の実現に欠かせないものです。

1-2. セルフマネジメント力が高い人・低い人の違い

 より具体的にイメージするために、セルフマネジメントが高い人・低い人の例を挙げてみましょう。

セルフマネジメント力が高い

 もしあなたがセルフマネジメント力の高い人であれば、自ら自分の目標を設定して、目標を達成するために率先して行動できます。
 
会社の会議中に同僚から失礼な言葉を投げつけられたとしても、怒りを制御する方法を知っているので、常に冷静です。
 
時間管理がうまく、自分でモチベーションをコントロールできるので、常に期待される以上の成果をあげ続けるハイパフォーマー(高業績者)です。

セルフマネジメント力が低い

 逆にセルフマネジメント力の低い人は、自ら目標設定する力がなく、雇用者から指示されたことをこなすだけ。
 
感情のコントロールができないので、怒ったり泣いたり落ち込んだりと、起伏の激しさで周囲を振り回します。
 
行動力が低く、なかなか期待される成果をあげることができません。
 
このように、セルフマネジメントが高い人・低い人では、仕事や人生のあらゆるポイントで大きな差がついてしまいます。


2. セルフマネジメントが重要な3つの理由


いうまでもなくセルフマネジメントは重要ですが、理由を改めてまとめておきましょう。
 
セルフマネジメントが重要な理由は3つあります。

  • 組織が効果的に機能するため
  • 思い通りの人生を作るため
  • 周囲の人と協調して幸せに生きるため

2-1. 組織が効果的に機能するため

 1つめの理由は「組織が効果的に機能するため」です。
 
これは、従業員を雇用する企業側から見た視点の話です。組織の観点から見ると、チームメンバーの一人ひとりがセルフマネジメントする能力は、組織の生産性を高めるために重要です。
 
もしチームメンバーたちのセルフマネジメント力が低ければ、組織は効果的に機能できなくなります。
 
言い換えれば、会社・組織から高く評価される人材になるためには、セルフマネジメントが欠かせないことになります。
 
キャリアアップするために絶対不可欠なスキルが、セルフマネジメントといえるのです。

立場が上になるほどセルフマネジメント力が求められる

ここで知っておきたいのは、キャリアを重ねて立場(役職)が上になり、マネジャーや管理職へと昇進するほど、セルフマネジメント力が求められるようになることです。
 
なぜなら、他者(部下やチーム、組織)をマネジメントするためには、まず自分自身のマネジメントができている人間になる必要があるからです。
 
マネジメント論の権威であるピーター・F・ドラッカーも、次のように述べています。
「まず自分をマネジメントできなければ、他者をマネジメントすることはできない」
 
組織内で他者をマネジメントする重要な役割を担うほど、セルフマネジメントが必要になります。

テレワーク推進でセルフマネジメントの重要性が向上

 近年の情勢として付け加えるべき事項として「テレワークの推進」があります。
 
働き方改革やコロナ禍を経て、テレワークを導入する企業が飛躍的に増えました。
 
上司が部下の様子を直接見ることのできないテレワークで組織が正しく機能するためには、従業員一人ひとりのセルフマネジメント力が必要です。
 
テレワークで生産性の上がる企業・上がらない企業の違いは、従業員のセルフマネジメント力にあるといっても過言ではないのです。

2-2. 思い通りの人生を作るため

 
2つめの理由は「思い通りの人生を作るため」です。
 
前述のとおりセルフマネジメントは、最も重要なビジネススキルのひとつですが、ビジネスだけではありません。
 
セルフマネジメントは、私たちが個人的な目標を達成するうえでも大変有益な概念です。
 
セルフマネジメントのスキルを伸ばせば、私たちの人生は劇的に好転することさえあります。
 
なぜなら、セルフマネジメントには、私たちの日常生活から人生まで、ありとあらゆる側面を望む方向へコントロールするために必要なスキルが含まれているからです。
 
セルフマネジメントができれば、私たちは思い描いた通り人生を歩んでいけます。

2-3. 周囲の人と協調して幸せに生きるため

 3つめの理由は「周囲の人と協調して幸せに生きるため」す。
 
端的にいって、セルフマネジメントができない人は周囲から嫌われやすくなります。
 
自己を律することができず、すぐ感情的になって人と衝突したり、自分の衝動や欲求のままに行動して迷惑をかけたり——と、周囲の人たちと協調しにくいためです。
 
セルフマネジメントは、自分のためであると同時に、周囲の人たちのためでもあります。
 
自分の愛する家族やパートナー、仕事仲間、友人など、大切な人たちに不快な思いをさせることなく、愛され尊敬され、皆で幸せに生きていくために、セルフマネジメントは必要不可欠です。


3. セルフマネジメント力を構成する6つのスキル


「セルフマネジメント力を高めたい」と感じている人が多いかと思います。
 
セルフマネジメント力はひとつのスキルではなく、幅広い複数のスキルから構成されています。
 
ここではセルフマネジメント力を高める手引きとなるように、セルフマネジメントを構成する6つのスキルをご紹介しましょう。

  • 目標管理
  • 時間管理
  • セルフモチベーション
  • ストレスマネジメント
  • 感情コントロール
  • 健康管理

6つのスキルのうち、自分が弱いと感じるスキルから深掘りして身につけるように行動してみましょう。
 
それぞれのスキル紹介の末尾には、スキル習得に役立つノウハウと参考文献を「学びたいノウハウ」として記載しました。ご活用ください。

    3-1. 目標管理

     1つめのスキルは「目標管理」です。
     
    目標管理のスキルとは、具体的で明確な目標を設定し、それを達成する能力のことです。
     
    言い換えると「適切なゴールを自分で作り、そのゴールに最短距離で到達する方法を考え、考えた方法を実際に実行して目標達成までやり抜く力」といえます。
     
    目標管理は、さらに「目標設定」と「目標達成」の2つのスキルに分けられますので、それぞれ見てみましょう。

    目標設定

     目標の設定から達成までを上手にマネジメントする最初の一歩は、適切な目標設定です。

    目標設定スキルがある人目標設定スキルがない人
    ◎ 自分を高めるための目標を自分で設定できる
    ◎ 職場では何が重要か判断して率先して目標を立てて行動する
    ◎ 具体的で価値のある目標を設定できる
    ✕ 毎日を目的なく漫然と過ごしてしまう
    ✕ 会社から与えられた業務をこなすことしかしない
    ✕ 現実的・具体的な目標が立てられない

    目標(ゴール)を設定していない人生は、目的もなくフィールドを走り回るサッカーのようなもの。まずは「SMARTの法則」に沿って、目標を設定するところから始めましょう。

    SMARTの法則

    • Specific(具体的に)
    • Measurable(測定可能な)
    • Achievable(達成可能な)
    • Relevant(関連性のある)
    • Time-bound(期限がある)

    ※SMARTの法則のなかで理解しにくいという声の多い「R:Relevant」を補足しておきます。
     
    Relevant(関連性のある)とは、
    「自分の人生(会社の場合は組織の方針や目標など)の重要事項や他の関連する目標との一貫性・合理性・納得感があるかどうか」
    と考えましょう。
     
    例えば、「将来的には海外でビジネスをやりたい」と思っている人にとって「英語をマスターする」という目標はRelevantです。

    目標達成

     目標達成とは、その名のとおり目標を達成する力のことですが、具体的には、目標を達成するために何をすべきか(どんな成果が必要か)を適切に考え、行動計画に落とし込み、実行する力といえます。

    目標達成スキルがある人目標達成スキルがない人
    ◎ 目標を最短で達成する策を考えるのがうまい
    ◎ 目標達成に必要な行動を具体化して実行できる
    ✕ 目標達成するためにすべきことがわからない
    ✕ 必要な行動を最後までやり遂げられない

    設定した目標を達成していく手法はさまざまありますが、最初の学びとしては「OKR」がおすすめです。
     
    OKRは、インテル・Google・Facebook・メルカリといった成長企業が採用している目標達成のためのフレームワークです。
     
    OKRは「Objectives and Key Results」の略で、「O:大きな目標」「KR:主な結果(具体的な数値目標)」を設定するフレームワークです。
     
    大きな目標「O」と具体的な数値目標「KR」の組み合わせによって、目標達成力が高まります。

    学びたいノウハウ

      クリスティーナ・ウォドキー『OKR(オーケーアール) 』

      3-2. 時間管理

       2つめのスキルは「時間管理」です。
       
      時間管理とは、やるべきタスクに優先順位をつけて、事前に計画した時間どおりに物事を成し遂げていくスキルです。

      時間管理スキルがある人時間管理スキルがない人
      ◎ 1日のすべての時間を有効に使い切っている
      ◎ 仕事でもプライベートでも生産性が高い
      ◎ 納期や約束を必ず守って信頼される
      ✕ 1日のうち多くの時間を無駄に過ごす
      ✕ 締切ギリギリにならないとやらない
      ✕ 約束の時間や納期を守らないことがある

      適切な時間管理のためには、時間を限りある資源と捉え、どう配分すれば成果を最大化できるのか考える力が必要になります。
       
      「時間管理が苦手」という人は、以下の弱点克服からチャレンジしてみてください。

      時間管理が苦手な人が克服すべき5つの弱点

      • 「時間=リソース」と認識できていない
      • 時計やスケジュール帳を無意識下で避けている
      • 時間感覚がズレている
      • 先延ばし癖がある
      • 「NO」と言えない

         詳しくは以下の記事で解説しています。

        学びたいノウハウ

        3-3. セルフモチベーション

         3つめのスキルは「セルフモチベーション」です。
         
        セルフモチベーションとは、自分でモチベーションを上げて維持し、「やる気」をコントロールする技術です。

        セルフモチベーションスキルがある人セルフモチベーションスキルがない人
        ◎ 常に高いモチベーションをキープできる
        ◎ 自分のやる気に他人の影響を受けない
        ✕ 指示されたこと以外はやらない
        ✕ 褒められないとやる気がなくなる

        セルフモチベーションで重要なのは、外的な要因(上司から指示されたなど)によって動かされるのではなく、自ら自発的にモチベーションを生み出せることです。
         
        「やる気」があれば、今日やるべきタスクとして計画していた事項を完璧に実行しながら、重要な課題や発生した問題を速やかにクリアできます。

        学びたいノウハウ

        3-4. ストレスマネジメント

         4つめのスキルは「ストレスマネジメント」です。
         
        ストレスマネジメントとはストレスとの上手な付き合い方を考え、適切な対処をしていくスキルです。

        ストレスマネジメントスキルがある人ストレスマネジメントスキルがない人
        ◎ ストレスを溜め込まずに適切に処理できる
        ◎ いつでもメンタルが安定している
        ✕ ストレスを溜め込んで八つ当たりや不機嫌な態度などで周囲に迷惑をかける
        ✕ 嫌なことがあると仕事の生産性が著しく下がる

        具体的には、ストレスがかかったときの対処法(コーピング ※)を学んで実践したり、マインドフルネス瞑想やリラックス法などでメンタルケアを行ったりすることが含まれます。
         
        ※コーピングは大きく以下の2つに分けられます。

        ■ 問題焦点コーピング
        ストレッサーそのものに働きかけて、それ自体を変化させて解決を図ろうとすること
        (例:対人関係がストレッサーである場合、相手の人に直接働きかけて問題を解決する)

        ■ 情動焦点コーピング

        ストレッサーそのものに働きかけるのではなく、それに対する考え方や感じ方を変えようとすること
        (例:対人関係がストレッサーである場合、それに対する自分の考え方や感じ方を変える)

        ◇出典:ストレスコーピング | e-ヘルスネット(厚生労働省)

        多くの人は、ストレスに対して受動的にただ耐えています。限界に達して、深刻な症状に発展するケースも珍しくありません。
         
        ストレスマネジメントでは「ストレス対処法の技術を学んで、ストレスを自分で管理・マネジメントしていく」と発想を転換して、技術を学ぶところから始めましょう。

        学びたいノウハウ

        • コーピング

        伊藤絵美『コーピングのやさしい教科書』

         

        マインドフルネス

        ジョン・カバットジン『マインドフルネスストレス低減法』

        3-5. 感情コントロール

         5つめのスキルは「感情コントロール」です。
         
        感情コントロールとは、いつでも冷静な落ち着きを保ち、自分の感情を客観的に認識したうえで、感情を適切に制御する技術です。

        感情コントロールスキルがある人感情コントロールスキルがない人
        ◎ いつでも穏やかで落ち着いた態度で人と接する
        ◎ 感情的な相手と話すときも自分は冷静でいられる
        ✕ 職場で怒鳴ったり泣いたり、露骨に不機嫌な態度をしたりする
        ✕ 感情的な相手(クレーマーなど)と話すと自分も理性を失って感情的になる

        感情コントロールができる人は、どんな状況であっても他の人を尊重することを忘れず、思いやりを持って接することができます。
         
        感情をコントロールするためには、自分が前向きなメンタルをキープしていること、自己肯定感(ありのままの自分を認められる感覚)を持っていることが前提となります。
         
        人は、自分の心に余裕がないと、他の人に気を配ることができないためです。まずは自分を満たしましょう。
         
        そのうえで、コントロールできないと特に問題を起こしやすい「怒り」を制御する技術を学ぶのがおすすめです。「アンガーマネジメント」として体系化されています。

        学びたいノウハウ

        安藤俊介『アンガーマネジメント入門』

        3-6. 健康管理

         6つめのスキルは「健康管理」です。
         
        健康管理とは、栄養バランスの取れた食事、定期的な運動、適切な体重の維持、必要十分な睡眠と休息、良好な生活習慣など、自分自身の健康に配慮して生活する技術です。

        健康管理スキルがある人健康管理スキルがない人
        ◎ 食事・運動・睡眠などに気を配っている
        ◎ お酒やたばこなどの嗜好品を節制できる
        ◎ 自分のエネルギー(体力・気力)を高めるための工夫ができる
        ✕ 健康的な生活よりも刹那的な快楽を優先する
        ✕ 自分の健康が仕事のパフォーマンスに影響することを考慮していない
        ✕ 食事・運動・睡眠などを管理していない

        健康管理は、セルフマネジメントを可能にする土台(基礎力)といっても良いでしょう。
         
        健康管理に優れた人は、体力と気力(エネルギー)に満ちあふれていますが、そもそも体力・気力がなければ、セルフマネジメントを実行できないためです。

        学びたいノウハウ

         健康管理はカバー範囲が非常に多岐にわたるうえ、個人の体質や環境・考え方などにより、実践すべきメソッドには個人差があります。
         
        一概に「これを学べばOK」と提示できるものではありませんが、情報収集のヒントになり得る書籍をご紹介しておきましょう。

        鈴木祐『最高の体調 ACTIVE HEALTH』

        デイヴ・アスプリー『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』
         


        Testosterone『超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由』


        4. セルフマネジメント力を磨く3つのコツ

         
        最後に、セルフマネジメント力を磨く3つのコツをお伝えしましょう。

        • 自己理解から始める
        • 責任を持ってセルフケアする
        • 良い行動を習慣化する

        4-1. 自己理解から始める

         1つめのコツは「自己理解から始める」ことです。
         
        自分がどんな人間であるか、知りましょう。自分という人間の強みと弱みを熟知していたら、その人間をどうマネジメントしたら最大の成果が得られるか、簡単にわかるからです。
         
        先にご紹介したセルフマネジメント力を身につけるうえでも、自分がどのスキルは持っているか、どのスキルが課題になるかがわかります。
         
        ▼ 自己理解のおすすめ本

        ロバート・スティーヴン・カプラン『ハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略マップ』 

        4-2. 責任を持ってセルフケアする

         2つめのコツは「責任を持ってセルフケアする」ことです。
         
        私たちは、自己犠牲の精神は崇高であり、自分自身のケアを優先することは利己的であるという考えにとらわれがちです。
         
        自己犠牲はやめましょう。自己犠牲の精神を抱えたままでは、セルフマネジメント力は身につかないからです。
         
        あなた自身のケアに責任を持つことができるのはあなただけです。
         
        セルフケアを優先して最善を尽くすことは、あなたが最善の仕事をし、同僚や家族と生産的なコミュニケーションをするために欠かせないことを、明確に意識しましょう。
         
        セルフケアを後回しにすれば、大切な周囲の人たちまで不幸にしてしまいます。
         
        責任を持って、最高のセルフケアを自分に施してください。よく食べ、よく寝て、運動し、ストレスを解消したりリラックスしたりする時間を持ちましょう。
         
        ときには大好きな趣味に没頭したり、大自然の中で散策することも大切です。

        4-3. 良い行動を習慣化する

         3つめのコツは「良い行動を習慣化する」ことです。
         
        セルフマネジメントに役立つ良い行動は、繰り返し実行して習慣化を図りましょう。
         
        習慣化すれば、意志の力に依存することなく、半永久的にセルフマネジメントを実現できます。
         
        習慣化を科学的に成功させる方法論やアプリは「あなたが行動を習慣化したいと思った時におすすめの記事」にて詳しく解説されています。ぜひ参考にしてみてください。


        5. まとめ

        セルフマネジメントとは自分の思考・感情・行動を管理することです。
         
        セルフマネジメントが重要な理由として以下が挙げられます。

        • 組織が効果的に機能するため
        • 思い通りの人生を作るため
        • 周囲の人と協調して幸せに生きるため

        セルフマネジメント力を構成する6つのスキルはこちらです。

        • 目標管理
        • 時間管理
        • セルフモチベーション
        • ストレスマネジメント
        • 感情コントロール
        • 健康管理

        セルフマネジメント力を磨くコツとして以下を意識してみましょう。

        • 自己理解から始める
        • 責任を持ってセルフケアする
        • 良い行動を習慣化する

        セルフマネジメントは、ビジネスや人生での成功を強力に後押ししてくれます。さっそく取り組みをスタートしましょう。

         

         

        習慣化アプリ「みんチャレ」を使う人の70%が、アプリを使い始めて21日以上習慣を継続しています。一人ではなかなか習慣化できないことでも、同じ目標を持った仲間と励まし合いながら取り組むと楽しく続けられます。まずはみんチャレアプリをダウンロードして、興味のあるチームに参加してみましょう。

        \ 100万人が使うNo.1習慣化アプリ /