TOEIC対策のためのおすすめアプリ13選!アプリの選び方も解説

「TOEIC対策のためにアプリを使いたいけど、たくさんあってどれを選べばいいか分からない」
「これさえあればTOEICで高得点が取得できる!というアプリが知りたい」
「TOEIC対策のアプリを使うだけで点数を伸ばせるのか知りたい」

 
など、あなたは今、TOEIC対策のためのアプリについて知りたいと考えていませんか?
 
アプリは隙間時間の勉強に向いていたり、苦手項目をAIが分析してくれたりなど、参考書にはないメリットが多くあるため、利用を検討している人も多いでしょう。
 
実際、筆者もTOEIC対策アプリのみで、半年でTOEIC500点から830点まで点数を伸ばした経験があるので、興味がある人にはぜひ試してもらいたいと考えています。
 
ただ、アプリであればなんでもいいという訳ではなく、TOEICに必要な単語、文法、リスニング、リーディング対策の全てを網羅していなければ、アプリのみで高得点を取得するのは難しいです。
 
そこで、本記事では、

  • TOEIC対策アプリの選び方
  • おすすめTOEIC対策アプリ

について徹底解説していきます。
 
TOEIC対策アプリの選び方に加え、あなたの点数を必ず伸ばすおすすめアプリについても詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。


目次

1. TOEIC対策アプリの選び方

 
TOEIC対策で使える具体的なアプリを紹介する前に、アプリの選び方について解説していきます。

  • 自分の実力に合ったTOEIC対策アプリを選ぶ
  • 無料ではなく有料のTOEIC対策アプリを選ぶ
  • 必要な機能が備わっているTOEIC対策アプリを選ぶ

アプリの選び方を間違えると、点数が伸び悩んだり時間を無駄にしたりしてしまうので、自分に合ったアプリを選ぶことは非常に大切です。上記の選び方を参考に最適なアプリを選べるようになりましょう。
 
もし「まずはおすすめアプリが知りたい!」という人がいれば、2章「2. おすすめTOEIC対策アプリ【総合】」からご確認くださいね。

1-1. 自分の実力に合ったTOEIC対策アプリを選ぶ

自分の実力に合ったTOEIC対策アプリを選ぶようにしましょう。自分の実力と比較して、難しすぎたり簡単すぎたりする問題を解いたとしても、効率よく点数を伸ばすことはできません。
 
例えば、文法の基礎を全く理解していないのに、パート5の難易度の高い問題をアプリで解いたとしても、点数は効率よく伸びないでしょう。分からない問題が多く、解説も理解できないことがほとんどだからです。
 
文法の基礎が固まっていないのであれば、文法について詳しく解説している動画付きのアプリや基礎的な問題をたくさん解けるようなアプリを選ぶ方が、点数は伸びやすいです。
 
このように、自分の実力に合わせてアプリを選ぶことは非常に大切です。
 
もし、現在の自分の実力が分からないという人がいれば、下記のツールなどを利用して、実力を測ってみてください。
 
基礎から勉強すべきなのか、中級程度の実力があるのか、上級者向けのアプリを選んだ方がいいのかなど、判断することができるでしょう。

参考:現在の自分の実力を
チェックしてみよう!

詳しく現在の自分の実力を測るために、下記のような無料ツールを利用してみてはいかがでしょうか。20分程度で、現在の自分の実力を目安ですが確認することができるので、ぜひ試してみてください!

  • abceed

10問・15問・30問から選んで、自分のレベル判定を20分程度の時間で、無料で行うことができます。実際に筆者はこちらのアプリを活用していますが、予想点数とTOEIC本番の点数はかなり近く、精度が高いと感じたので、どのツールを使おうか迷っている人は、こちらを選ぶことをおすすめします。
https://www.abceed.com/

    • TOEIC弱点診断

    25問で予想点数と弱点診断、おすすめの学習方法まで提案してくれます。
    https://english-study-cafe.com/toeic-shindan/

    1-2. 無料ではなく有料のTOEIC対策アプリを選ぶ

    無料ではなく、有料のTOEIC対策アプリを選ぶことをおすすめします。
     
    無料か有料かだけでアプリの質は判断できないものの、どうしても有料の方が質が高い傾向にあるからです。
     
    無料アプリはたとえ質が高かったとしても広告がついていることが多く、集中して勉強を進められないので、基本的にはおすすめできません。
     
    「TOEICでどんな問題が出るのか確認したい」「隙間時間に使うためだけにアプリをダウンロードしたい」という場合には、無料アプリで足りることもありますが、アプリを軸としてTOEICの勉強を進めるのであれば、有料アプリを選ぶ方が良いでしょう。
     
    なお、本記事では、無料のアプリの中でもおすすめできるものを厳選してご紹介しています。

    1-3. 必要な機能が備わっているTOEIC対策アプリを選ぶ

    自分にとって必要な機能が備わっているTOEIC対策アプリを選ぶようにしましょう。
     
    TOEIC対策アプリを利用する最終的な目的はTOEICの点数を伸ばすことだとしても、人によって、

    • 通勤中に使える単語アプリを探している
    • アプリだけで勉強が完結するものを探している
    • 隙間時間にリスニングの勉強だけしたい

    など、細かい目的は異なるはずなので、自分の目的に合ったアプリを選択しましょう。
     
    TOEIC対策における目的と、付いていると便利な機能をまとめたので下記の表を参考にアプリを選んでみてくださいね。

    目的付いていると便利な機能・おすすめ機能
    TOEIC頻出単語を覚えたい
    • 目標点数ごと(600点レベル、700点レベル、など)に分けられた単語暗記機能
    • 発音音声付き
    文法を基礎から学びたい
    • 文法の項目ごとに丁寧な解説がされている動画付き
    • 文法の項目ごとの問題演習機能
    リスニングを勉強したい(短文)
    • パート1やパート2の問題演習機能
    • ディクテーション機能
    リスニングを勉強したい(長文)
    • パート3やパート4の問題演習機能
    • シャドーイング機能
    リーディングを勉強したい
    • パート7の問題演習機能
    • 長文読解のポイント解説
    • シャドーイング機能
    • タイマー機能

    2. おすすめTOEIC対策アプリ【総合】

     
    TOEICの単語・文法・リスニング・リーディングといった全ての対策を1つのアプリでできるものを紹介していきます。

    • TOEIC800点まではこれを使えば間違いなし!『スタディサプリ』
    • TOEIC満点を目指す上級者におすすめのアプリ『abceed』
    • どうしても無料でアプリを使いたいという人向け『トレーニングTOEICテスト』

    基本的には、ここで紹介しているアプリから自分に合ったものを選ぶことがおすすめです。

    2-1. TOEIC800点まではこれを使えば間違いなし!『スタディサプリ』

    出典:スタディサプリ公式サイト
     
    「どのアプリを使えばいいのか分からない」と迷っている人は、とにかく『スタディサプリ』アプリを選ベばまず間違いないでしょう。実際に、筆者もこちらのアプリだけで、TOEIC500点から830点まで点数を伸ばすことができました。
     
    特におすすめしたいのが、TOEIC慣れしていない人単語・文法の基礎ができていない人です。
     
    『スタディサプリ』アプリでは、目標点数レベルごとの単語暗記機能や文法基礎を解説している動画だけでなく、ひとつひとつの問題に動画解説も付いているなど、英語初級者に非常に親切な作りになっています。
     
    そして、TOEIC試験20回分相当の演習問題が収録されており、さらに、問題ごとにディクテーションやシャドーイングができるようになっているため、確実に英語力を上げることができるのです。
     
    月額3,278円(税込)とある程度の金額はしますが、付いている機能を考えると安く感じるでしょう。
     
    唯一デメリットをあげるのであれば、TOEIC中級者から上級者にとっては少し問題が易しく感じる点です。
     
    そのため、単語や文法の基礎を一通り理解し、TOEICのテクニックも頭に入っているという人は、次項で紹介する『abceed』を利用することを検討しても良いでしょう。

    公式サイトhttps://studysapuri.jp/
    料金月額3,278円(税込)
    インストールApp Store/Google Play

    スタディサプリの
    おすすめポイント

    • 文法基礎の動画解説あり
    • 目標点数ごとの頻出単語暗記機能あり
    • 単語の覚え方や勉強の方法についての動画解説あり
    • ディクテーション機能とシャドーイング機能あり
    • リーディングパートにおいても音声とシャドーイング機能あり
    • TOEICにおいて必要なテクニック解説は全て網羅されている

    2-2. TOEIC満点を目指す上級者におすすめのアプリ『abceed』

    出典:abceed公式サイト
     
    効率よくTOEICの点数を伸ばしたいのであれば、『スタディサプリ』を1番におすすめしますが、すでにTOEIC700点から800点程度の実力がある人は、こちら『abceed』を利用するのも一つの選択肢となります。
     
    abceedは、100冊以上の参考書がアプリ内に収録されているので、とにかく、たくさんの問題を解くことができる点が魅力です。
     
    最初に自分の実力をチェックしたあとは、AIが次から次へと最適な問題を出してくれるシステムになっているため、英語の実力が高い人に対しては、難易度の高い問題を出題してくれます。
     
    そのため、『スタディサプリ』で出題される問題では物足りない、簡単すぎて勉強にならないという人ににおすすめのアプリと言えます。
     
    全ての機能を使うための月額費用は2,200円(税込)です。すでに高い英語の実力を持っている人は検討してみてくださいね。

    公式サイトhttps://www.abceed.com/
    料金月額2,200円(税込)
    インストールApp Store/Google Play

    abceedのおすすめポイント

    • 100冊以上の配信教材あり
    • abceed proプランに加入すれば人気教材が使いたい放題
    • 予想点数を出してくれるので目標を立てやすい
    • 苦手箇所とレベルを判断してAIが最適な問題を出題してくれる
    • 辞書機能、MY単語帳機能つき

    2-3. どうしても無料でアプリを使いたいという人向け『トレーニングTOEICテスト』

    出典:App Store「トレーニングTOEIC(R)test」
     
    『トレーニングTOEICテスト』は無料で使えるアプリですが、パートごとに多くの問題を解くことができ、解説も非常に丁寧にされています。
     
    400点から800点までレベルごとの単語を学ぶこともできるので、こちらのアプリで一通りの単語の暗記と、TOEIC問題に慣れることができるでしょう。
     
    ただ、『スタディサプリ』のように勉強方法や問題解説、テクニックに関する動画解説などはなく、また、難易度も特に選択できないので、勉強ツールのメインとして考えることはおすすめしません
     
    基本的には参考書を利用している人などの補助的な勉強ツールや隙間時間専用の勉強ツールなどとして活用してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトなし
    料金無料
    インストールApp Store/Google Play

    トレーニングTOEICテスト
    のおすすめポイント

    • シンプルな作りで誰でも取り掛かりやすい
    • パートごとに質の高い問題を解くことができる
    • 目標点数レベルごとに頻出単語がまとまっている
    • 補助的な使い方をするのに適している

    3. おすすめTOEIC対策アプリ【単語】

     
    TOEIC対策アプリの中でも単語の暗記に特化したものを紹介していきます。
     
    ただ、実は、TOEICの単語アプリそれぞれで扱っている頻出単語に大きな違いはないため、違いと言えば、使用感くらいでしょう
     
    前項で紹介した『スタディサプリ』や『abceed』、『トレーニングTOEICテスト』アプリの全てにも単語機能がついていることから、基本的には前項で紹介したアプリを利用することをおすすめします。
     
    下記のアプリについては、「通勤時間中に単語だけ覚えたい」「どんな単語が出るのかだけ確認したい」「無料でアプリを利用したい」という人など、気軽さや無料を求める人におすすめと言えます。

    • mikan
    • 究極英単語!TOEIC® 800点突破編

    3-1. mikan

    出典:App Store「英語アプリ mikan」
     
    mikanは、TOEICの単語強化に特化した無料で利用できるアプリです。
     
    mikanの大きな特徴としては、無料でできるという点音楽やアニメーションなどに工夫がされており、エンターテイメント性が高いという点があげられます。
     
    ゲーム感覚で、発音を聞きながらTOEIC頻出単語を暗記することができ、楽しみながら目標点数レベルの単語を暗記していくことができます。有料プランを契約すれば、苦手単語のみを暗記したり、自分だけの単語帳を作ることも可能です。
     
    「気軽にTOEIC頻出単語を確認したい」「無料でTOEIC頻出単語を覚えたい」という人は、こちらのアプリをダウンロードして、単語の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

    公式サイトhttps://mikan.link/
    料金無料・一部有料プランあり
    インストールApp Store/Google Play

    mikanのおすすめポイント

    • 音楽やアニメーションなどが工夫されており、エンターテイメント性が強い
    • 毎日の暗記目標数を管理してくれる
    • 無料のアプリとは思えない質の高さ
    • 気軽にTOEIC頻出単語を確認したい、無料でTOEIC頻出単語を覚えたい、という人におすすめ

    3-2. 究極英単語!TOEIC® 800点突破編

    出典:究極英単語!TOEIC® 800点突破編公式サイト
     
    こちらも基本的に無料で利用できるTOEIC対策アプリです。
     
    大きな特徴としては、無料で使えるという点単語を利用した例文が充実している点英単語と日本語訳を読み上げ続ける再生プレーヤー機能付きという点です。
     
    ひとつの単語に3つ程度の例文が提示されるため、文章の中で英単語を覚えたい人におすすめです。また、英単語と日本語を100語連続で再生してくれる機能がついているので、ながら勉強や通勤中の勉強などに活用したい人にも適したアプリと言えます。

    公式サイトhttp://www.easyrote.jp/toeic800.html
    料金無料・一部有料プランあり
    インストールApp Store/Google Play

      究極英単語!TOEIC® 800点
      突破編のおすすめポイント

      • 単語ひとつにつき3つ程度の例文があるため、単語の使い方をしっかり学べる
      • 英単語と日本語を100語連続で再生してくれる機能がついている
      • ながら勉強や通勤中の勉強などに活用するのに向いている

      4. おすすめTOEIC対策アプリ【文法】


      TOEIC対策アプリの中で、文法に特化したものを紹介していきます。
       
      単語アプリ同様、こちらも文法だけのアプリをダウンロードするメリットはあまりなく、2章で紹介した『スタディサプリ』で基礎から応用までの文法を動画解説で網羅しているので、そちらを利用した方が効率的と言えます。
       
      ただ、「無料で文法を学べるアプリを知りたい」「どうしても苦手な項目があって補助的に使うアプリを探している」「気軽に現在の文法力を知りたい」という人は下記のアプリを活用することを検討しても良いでしょう。

      • NHK語学
      • 早打ち英文法
      • 【新】英語文法問題840問 TOEIC Part5対策

      4-1. NHK語学

      出典:NHK語学公式サイト
       
      「NHK語学」はNHKのラジオ番組で放送されている語学系の番組のストリーミングを聞けるアプリです。
       
      直接的なTOEIC対策のためのアプリではないものの、文法の基礎を学ベる非常に優秀なアプリで、楽しくラジオ番組を聞きながら、会話文を通して実践的な文法活用方法を学ぶことができます。
       
      また、無料でありながら、色々な番組を聞くことができるため、自分のレベルや用途に合わせて番組を選択できる点もポイントです。
       
      特に、中学英語の基礎を学びたい人は、「中学生の基礎英語」という番組を聞いて、基礎を固めることができます。また、「ラジオ英会話」では、中学英語の基礎的な知識を使ったより実践的な文法活用法を学ぶことができるので、ぜひ1度使ってみてくださいね。

      公式サイトhttps://www2.nhk.or.jp/gogaku/
      料金無料
      インストールApp Store/Google Play

      NHK語学のおすすめポイント

      • 楽しくラジオを聞きながら文法の勉強ができる
      • 無料で質の高い学習教材が提供されている
      • 会話文を通して実践的な文法活用方法を学ぶことができる
      • 色々な番組があるので自分のレベルに合わせて使える
      • 通勤中に聞くのに適している

      4-2. 早打ち英文法

      出典:App Store「早打ち英文法」
       
      風船を割るゲームをしながら、中学高校の英文法を復習できるアプリです。特徴としては、エンターテイメント性が高い点文法項目ごとに問題が分けられている点があげられます。
       
      1500問が収録されており、ネイティブの発音を聞きながら自然と英文法を身につけることができます。
       
      楽しく文法を学びたい人、特定の文法項目のみ無料で復習をしたい人に向いています。

      公式サイトなし
      料金無料
      インストールApp Store/Google Play

      早打ち英文法のおすすめポイント

      • エンターテイメント性が高いので楽しく文法を学べる
      • 文法項目ごとに基礎から復習できる点がメリット
      • 問題数が多いためしっかりと実力を身につけられる

      4-3. 【新】英語文法問題840問 TOEIC Part5対策

      出典:App Store「【新】英語文法問題840問 TOEIC Part5対策」
       
      「【新】英語文法問題840問 TOEIC Part5対策」は、TOEICパート5の文法問題が苦手な人向けに作られた、厳選された840問が収録されているアプリです。
       
      特徴としては、目標スコア(600点、730点、860点、990点)ごとに210問ずつ問題が用意されているので、自分の実力に合った問題を選ぶことができるという点です。
       
      解説も丁寧にされており、パート5の点数アップに役立ってくれるアプリと言えるでしょう。ただ、無料のアプリではないため、「パート5だけできる質の高いアプリを探している」「買い切りで使えるアプリを探している」など、ある程度真剣にパート5対策のみをしたい人に向いています。

      公式サイトなし
      料金980円
      インストールApp Store/Google Play

      【新】英語文法問題840問
      TOEIC Part5対策のおすすめポイント

      • 目標スコア(600点、730点、860点、990点)ごとに210問ずつ問題が用意されている
      • 質の高い問題をたくさん解くことでパート5の点数を底上げできる
      • 有料なのである程度真剣にパート5対策をしたい人向け

      5. おすすめTOEIC対策アプリ【リスニング】


      TOEIC対策アプリの中でもリスニングパートの点数を伸ばすためのおすすめアプリを紹介します。

      • TOEIC presents English Upgrader
      • 英語の友 旺文社リスニングアプリ
      • ざっくり英語ニュース!リスニングStudyNow

      こちらも2章で紹介した『スタディサプリ』や『abceed』を選ぶのであれば、リスニング対策は十分にできるので、他のリスニング対策のためのアプリをダウンロードする必要は特にありません。
       
      ただ、「通勤中に聞き流しをしたい」「息抜きとして別の英語音声を聞きたい」という人は、これから紹介するアプリのダウンロードを検討してみても良いでしょう。

      5-1. TOEIC presents English Upgrader

      出典:App Store「TOEIC presents English Upgrader」
       
      TOEICを主催している団体が提供しているアプリです。
       
      「同僚からの留守電を聞く」「クライアントへのプレゼン」など、TOEICでよく出題されるシチュエーションに基づいた会話を聞き、リスニングに慣れることができます。
       
      さらに、理解度チェックテストや単語の確認を通して、リスニング力をアップさせることが可能です。
       
      TOEICのテストスケジュール確認やテスト申込、結果確認などもこちらのアプリで行うことができて便利なので、隙間時間にリスニングの勉強をしたい人などはダウンロードしてみてくださいね。

      公式サイトhttps://www.iibc-global.org/toeic/support/englishupgrader.html
      料金無料
      インストールApp Store/Google Play

      TOEIC presents English
      Upgraderのおすすめポイント

      • TOEICによく出題されるシチュエーションでリスニングの勉強ができる
      • 理解度チェックテストや単語の確認など能動的にも勉強できる
      • TOEICのテストスケジュールや申し込み、結果の確認ができる

      5-2. 英語の友 旺文社リスニングアプリ

      出典:App Store「英語の友 旺文社リスニングアプリ」
       
      英検、TOEIC、TOFELなど、英語資格に関連した200冊以上の参考書の音声を聞くことができるアプリ。
       
      音声を聞くだけなら無料で使うことができるので、「英語の発音に慣れたい」「通勤中に聞ける英語音源を探している」という人にぴったりのアプリです。
       
      スピーキング機能や単語機能など、さらに英語の実力を磨くことができる機能もついているので、リスニング対策のアプリを探している人はぜひ試してみてくださいね。

      公式サイトhttps://eigonotomo.com/
      料金無料・一部有料あり
      インストールApp Store/Google Play

      英語の友 旺文社リスニングアプリ
      のおすすめポイント

      • TOEICだけでなく他の資格の対策もできる
      • 無料で200冊以上の参考書の音声が聞ける
      • スピーキング機能や単語機能でさらにリスニングスキルをアップさせられる

      5-3. ざっくり英語ニュース!リスニングStudyNow

      出典:App Store「ざっくり英語ニュース!リスニングStudyNow」
       
      直接的なTOEIC対策アプリではないものの、短い英語ニュースを多数聞くことができるため、リスニング対策に適したアプリと言えるでしょう。
       
      色々な種類のニュースが用意されているので、自分が興味のあるニュースを聞きながら、リスニング力を培うことができます。
       
      月額680円(税込)を支払うと、単語帳機能や4ヶ国のネイティブのナレーション聞き放題など、さらにリスニング力をアップさせるための機能がついてきます。1週間無料で試してみて、自分に必要だと感じたら有料版も検討してみてはいかがでしょうか。

      公式サイトhttps://studynow.jp/
      料金無料・一部有料あり
      インストールApp Store/Google Play

      ざっくり英語ニュース!リスニング
      StudyNowのおすすめポイント

      • 実際のニュースが英語で聞ける
      • 興味のある話題を通してリスニング力を磨ける
      • 有料プランに入ると単語帳機能や4ヶ国のネイティブのナレーション聞き放題機能がつく

      6. おすすめTOEIC対策アプリ【リーディング】


      TOEICパート6、パート7の長文読解問題の対策ができるアプリを紹介します。

      • 英語 レシピー
      • English News in Levels

      こちらも2章で紹介した『スタディサプリ』や『abceed』で十分に対策はできるので、どちらかを選ぶことを1番におすすめします。ただ、「無料でリーディングスキルをチェックしたい」「息抜きとして別の題材を使いたい」という人は、ダウンロードを検討してみてはいかがでしょうか。
       

      6-1. 英語 レシピー

      出典:App Store「英語 レシピー」
       
      直接的なTOEIC対策のためのアプリではないですが、最新ニュースや興味のあるニュースを英語で読むことができるので、TOEICリーディング対策に適したアプリです。
       
      読み終えるまでの時間も測ってくれるため、パート7の読解スピードをあげたい人にもおすすめです。
       
      音声がついている記事もあるため、シャドーイングをすることも可能です。こちらのアプリを有効活用すれば、長文読解能力、長文読解スピード共にアップさせられることでしょう。

      公式サイトhttps://www.polyglots.net/
      料金無料・一部有料あり
      インストールApp Store/Google Play

      英語 レシピーのおすすめ
      ポイント

      • 最新ニュースや興味のあるニュースを読みながらリーディングスキルをアップさせられる
      • 時間を測ってくれるため読解スピードをあげられる
      • 音声がついているのでシャドーイングもできる

      6-2. English News in Levels

      出典:App Store「English News in Levels」
       
      英語ニュースを簡単なレベルから難しいレベルまで、3つのレベルで読むことができるアプリです。ニュースを英文で読むのが少し難しいと感じる人でも易しいレベルからステップアップしていけるのが大きなメリットと言えます。
       
      最新のニュースや興味のあるニュースを読みながら、リーディングスキルを磨いていきましょう。
       
      もちろんリスニング音声もあるので、シャドーイングを行ってリーディングスピードをあげることも可能です。

      公式サイトなし
      料金無料
      インストールApp Store/Google Play

      English News in Levels
      のおすすめポイント

      • 英語ニュースを簡単なレベルから難しいレベルまで3つのレベルで読める
      • 自分のリーディングスキルに合わせて勉強を進められる
      • ニュースを読むには英語の実力が足りないと感じる人は簡単な英文から始められる

      7. TOEIC対策アプリQ&A


      TOEIC対策アプリに関してよくある下記の質問についてまとめました。

      • 参考書とアプリ、どちらを選べばいいですか?
      • アプリだけで高得点を取得することはできますか?

      Q. 参考書とアプリ、どちらを選べばいいですか?

      A. それぞれメリットとデメリットがあるので自分に合った方を選びましょう

      参考書とアプリはどちらもメリットとデメリットがあるので自分に合った方を選ぶようにしましょう。
       
      【アプリでTOEIC対策を行うメリット・デメリット】

      メリットデメリット
      • いつでもどこでも使える
      • リスニングの聞き流しなどは作業をしながらでもできる
      • 参考書と比べると価格が安いことが多い
      • AIによって苦手項目を管理してくれる
      • スケジュール管理などもしてくれる
      • スマホを使っていると気が散ってしまう人もいる
      • TOEIC本番同様、2時間通して問題を解くことに対応していないことが多い

      上記、メリットとデメリットを比較しながら、自分に合った方をメインに勉強を進めてみてくださいね。
       
      なお、TOEICのおすすめ参考書については下記の記事で詳しく解説しているので、あわせてご参照ください。

      TOEIC参考書の正しい選び方と点数を伸ばすおすすめ参考書12選
      TOEIC参考書の正しい選び方と点数を伸ばすおすすめ参考書12選

       

      Q. アプリだけで高得点を取得することはできますか?

      A. 質の高いアプリを選べば可能です

      TOEIC対策アプリだけで高得点を取得することは可能ですが、解説が丁寧にされていなかったり、多くの機能がついていなかったりするアプリを使うだけでは、高得点を取るのは難しいです。
       
      本記事で紹介した中では、『スタディサプリ』や『abceed』であれば、1つのアプリだけで高得点を取得することは十分可能です。
       
      他のアプリを活用する場合には、それだけで高得点を取得することは難しいので、補助的に活用することをおすすめします。


      8. まとめ

      本記事では、

      • TOEIC対策アプリの選び方
      • おすすめTOEIC対策アプリ

      について紹介しました。
       
      TOEIC対策アプリのみで点数を伸ばすことは十分可能であるものの、アプリの選び方が非常に大切です。
       
      アプリのみでTOEICの点数を伸ばしたいのであれば、有料ではありますが、

      • TOEIC800点まではこれを使えば間違いなし!『スタディサプリ』
      • TOEIC満点を目指す上級者におすすめアプリ『abceed』

      のどちらかを利用することをおすすめします。
       
      上記の2つであれば、単語暗記から文法基礎、リスニング、リーディング対策全てができるからです。
       
      その他、「隙間時間に単語暗記だけしたい」「苦手項目の補強に使いたい」という場合には、本記事で紹介しているアプリを自分の目的に合わせて選んでみてください。補助的に活用するだけであれば、無料でも良いアプリはたくさんあります。
       
      本記事を読むことで、TOEIC対策アプリの選び方を理解し、自分の点数を伸ばすために最適なアプリを見つけていただけたなら幸いです。

       

       

      \ 100万人が使うNo.1習慣化アプリ /