TOEICレベル別頻出単語を一挙公開!単語を効率よく覚える秘訣

「TOEICではどんな単語が出題されるの?」
「TOEICで高得点を取得するためにはどれくらい単語を覚えればいいの?」
「TOEICで必要な単語を効率よく覚える方法はあるの?」

 
など、あなたは今、TOEICに出題される単語について知りたいと考えていませんか?
 
実は、TOEICにおいては「TOEICでよく出題される単語」が存在していて、すでに体系化されていることもあり、効率よく点数を伸ばすためには、TOEIC頻出単語を覚えるべきと言われています。
 
TOEIC頻出単語は、目標点数ごとに異なるため、自分の目標点数レベルの単語を暗記することが大切になります。
 
とはいえ、本記事を読んでいる人の多くは「実際にはどんな単語がでるの?」「自分の知っている単語はどれくらいあるかな?」「単語を効率的に覚える方法はある?」などについて疑問に思っていることでしょう。
 
そこで、本記事では、

  • TOEICの単語に関して必ず知っておくべきこと
  • TOEIC頻出単語を目標点数別に紹介
  • TOEIC単語を効率よく暗記するために押さえておくべきポイント
  • TOEIC頻出単語を学べるおすすめ参考書を紹介
  • TOEIC頻出単語を学べるおすすめアプリ2選
  • TOEIC頻出単語を覚える際に注意すべき点

    など、TOEICの単語に関する疑問全てを解消していきます。
     
    本記事を読むことで、TOEICの単語に関する基礎情報や頻出単語を知った上で、TOEICの点数を効率よく伸ばす単語の暗記方法についても理解することができるでしょう。


    1. TOEICの単語に関して必ず知っておくべきこと

     
    TOEICの単語に関して必ず知っておくべき下記の事項について解説していきます。

    • TOEIC頻出単語を覚えよう
    • TOEICのために覚えるべき単語数
    • TOEIC頻出単語の特徴

    実際にTOEICで出題される単語例や暗記方法を見る前に、TOEICに出題される単語の傾向や特徴を押さえておきましょう。

    1-1. TOEIC頻出単語を覚えよう

    TOEICで高得点を取得するためには、TOEIC頻出単語を覚えるのが効率的です。
     
    英単語を覚えるための参考書はたくさんあり、大学受験用や日常生活用など色々なものが販売されているので、どれを選んでいいか分からないという人も多いでしょう。
     
    ただ、TOEICで点数を取るのが目的であれば、TOEIC専用の英単語帳を使うことをおすすめします。
     
    なぜなら、TOEICでは、「高い頻度で出題される単語」が存在している上に、すでに参考書やアプリで体系化されているので、そちらを覚えた方が効率がいいからです。
     
    例えば、「curb(縁石)」や「inclement weather(悪天候)」「itinerary(旅行計画)」は、学生時代の単語帳にはなかなか出てない、かつ、日常生活でもあまり一般的でない単語ですが、TOEICでは頻繁に出題されるので、必ず暗記しておく必要があります。
     
    これらのことから、効率よくTOEICで高得点を取得したいのであれば、TOEIC頻出単語をコツコツ覚えていくことが大切です。

    1-2. TOEICのために覚えるべき単語数

    「TOEICを受験したいけど、どれくらいの単語を暗記しなくちゃいけないの?」と疑問に思う人も多いでしょう。TOEICのために覚えるべき単語数は、下記の通りです。

    600点目標5000語
    700点目標7000語
    800点目標8000語
    900点目標10000語

    上記の通り、TOEIC600点に必要な単語は5000語と言われていて、小学生から大学受験までに習う単語数が3000語から5000語と言われているので、かなり多い単語数を覚える必要があると分かるでしょう。
     
    ただ、TOEIC600点に必要な単語であれば、大学受験のために勉強した英単語と重複するものも多いので、復習のみで達成できる人もいます。
     
    700点以上を目指すのであれば、多くの人は、受験などではあまり触れたことのない英単語を覚える必要があるでしょう。

    1-3. TOEIC頻出単語の特徴

    「TOEIC頻出単語は、英会話では使えないものばかりなのでは?」と不安に思った人もいるかもしれませんが、TOEIC頻出単語は、基本的には日常的によく使われる単語が多いです。
     
    上述した通り、TOEIC頻出単語の中には、日常生活ではあまり使われないような単語が出題されることもありますが、概ね、ビジネスや日常生活でよく使われる単語が出題されます。
     
    そもそも、TOEICでは、採用や会議などのビジネスシーンや、飛行機の遅れや賃貸契約など日常生活の場面から問題が出題されることがほとんどなので、必須単語も自然とビジネスシーンや日常生活でよく使われるものが多くなります。
     
    そのため、「TOEIC頻出単語を覚えても、英会話では使えない」ということは全くなく、むしろ英会話でも十分使える単語ばかりなので、安心してインプットしていきましょう。


    2. TOEIC頻出単語を目標点数別に紹介


    TOEIC頻出単語を目標点数別に紹介していきます。
     
    それぞれの点数ごとの覚えるべき単語の難易度を掴んでもらえるだけでなく、こちらをチェックすることで、自分が何点くらいの実力があるのかも大まかに分かるので、ぜひ確認してみましょう!

    2-1. 【500点目標】TOEIC頻出単語

    TOEIC500点レベルの単語を並べました。基礎的な単語が多く、すでに知っている単語ばかりと言う人も多いでしょう。もし、分からない単語がいくつかあるようであれば、基礎的な単語の暗記から始めるようにしましょう。

    単語意味単語意味
    conference会議provide提供する
    department部署opportunity機会
    schedule予定, 計画deadline締め切り
    applicant応募者conversation会話
    ingredient食材grocery食料品店
    famous有名なcomfortable快適な
    worry心配するluggage手荷物
    consumer消費者ability能力
    responsible責任があるgain獲得する
    performance公演solution解決策
    client顧客understand理解する
    document文書soonすぐ後
    library図書館vehicle乗り物
    despite…にもかかわらずrésumé履歴書
    continue続けるpotential潜在的な
    attach添付するcatering仕出し業
    appear…のように見えるcomplimentary無料の
    appreciate感謝するnecessary必要な
    protection保護paperwork文書業務
    personnel人事部greet挨拶をする

    2-2. 【600点目標】TOEIC頻出単語

    TOEIC600点レベルの単語をまとめました。

    単語意味単語意味
    itinerary旅行計画reservation予約
    questionnaireアンケートrefund払い戻す
    administration管理luggage手荷物
    advertising広告inquire尋ねる
    annual年に1度のfrequent度々の
    secretary秘書adjust調整する
    definitely間違いなくdistrict地域
    affordableお手頃なadministrative管理の
    directory名簿donate寄付する
    otherwiseさもなければundergo経験する
    worth…に値するemphasize強調する
    voucherクーポンdurable耐久性のある
    store蓄えcashierレジ係
    shortage不足nutrition栄養
    representative代表するpatron顧客
    invoice請求書identification身分証明証
    cuisine料理insurance保険
    instrument楽器recommendを勧める
    accomplishment達成budget予算
    blueprint青写真replacement交換

    2-3. 【700点目標】TOEIC頻出単語

    TOEIC700点レベルの単語をまとめました。

    単語意味単語意味
    zealous熱心なwarehouse倉庫
    warrant証明書speculate推測する
    souvenirみやげinventory在庫
    facilitate促進するrefreshment軽食
    expire期限切れmunicipal市政の
    tuition授業料deserve…に値する
    venue会場keynote基調講演
    represent代表するillustrate説明する
    vacancy空席destination目的地
    feasible実行可能なallocate割り当てる
    brochureパンフレットreputation評判
    designate指名するcurb縁石
    enthusiastic熱中してawfulひどい
    stroll散歩するvendor売り主
    approximatelyおおよそcoincidence偶然の一致
    conduct行うencounter直面する
    pedestrian歩行者complicated複雑な
    domestic国内のcrucial重大な
    biography伝記surpass超える
    devoteささげるexclusive排他的な

    2-4. 【800点以上目標】TOEIC頻出単語

    TOEIC800点以上レベルの単語をまとめました。

    単語意味単語意味
    entrepreneur起業家faculty能力
    mandatory義務的なapplause拍手
    bulk大部分specification仕様書
    adapt適応させるobstacle障害物
    adopt採用するnominate推薦する
    welder溶接工trim手入れする
    stunningすてきなrevenue歳入
    proofreader校正係posture姿勢
    patent特許innホテル
    halt停止するdistinguishedすぐれた
    carrier運搬人courteous親切な
    admire賞賛するcorrespondent特派員
    tailor仕立て屋allergyアレルギー
    steep急なduplicate複製する
    circulation循環ample十分な
    adequate…するのに十分なappetizer前菜
    congestion混雑streamline合理化する
    amend修正するcommission手数料
    retain保持するalternative代案
    compensate補うalike同様に

    3. TOEIC単語を効率よく暗記するために押さえておくべきポイント

     
    TOEICにおいては、英単語を覚えることは必須ですが、英単語の暗記以外にもやるべきことはたくさんあるため、短時間で効率よく覚えることが大切です。
     
    そこで、TOEIC頻出単語を効率よく覚えるための下記ポイントを解説していきます。

    • 目標点数における頻出単語を暗記することに集中する
    • 単語に触れる回数を増やす
    • リスニング対策のために発音も一緒に覚える
    • 単語を見て一瞬で意味が思い浮かぶまで暗記する
    • やるべきことを取捨選択する

    3-1. 目標点数における頻出単語を暗記することに集中する

    まずは、集中して、目標点数レベルの単語を暗記しましょう。
     
    TOEICでは、難解な単語も多く出題されますが、全てを暗記する必要はないですし、全ての単語を暗記しなければ高得点が取れないわけでもないです。
     
    やはり、ベーシックな単語を覚えることが高得点を取得するための近道であるため、自分の目標点数レベルの単語から覚えていくことが大切になります。
     
    600点が目標なのであれば、600点に対応した単語を集中して覚え、完璧に暗記した後に、700点に対応した単語を覚えていくという流れで勉強するのが、1番効率よく点数を伸ばしていける方法と言えるでしょう。

    3-2. 単語に触れる回数を増やす

    TOEIC頻出単語を効率よく覚える方法として、単語に触れる回数を増やすことをおすすめします。
     
    まず、前提として、英単語は1回暗記しただけでは確実に忘れます有名な心理学者が発表した「エピクロスの忘却曲線」によると、人は記憶した事項を1日後には67%、6日後には75%忘れてしまうそうです。
     
    つまり、その時は英単語を暗記したと思っても、6日後にはほとんど忘れているということになります。
     
    そこで、英単語は1回で完璧に覚えるのではなく、触れる回数を増やして暗記していくことをおすすめします。
     
    100の単語を1日3時間かけて完璧に覚えようとするのではなく、完璧でなくてもいいので、100の単語を定期的に暗記する方が効率がいいです。
     
    例えば、1週間で100単語覚えるとしたら、毎日100単語をとにかく見ていきます。素早く見ていくだけであれば、20分もかからないでしょう。そうすると、1日目や2日目は分からない単語が多かったとしても、4日目、5日目にはほとんどの単語を覚えられます。
     
    もちろん、1ヶ月後や3ヶ月後に復習した際には、忘れている単語もあるでしょうから、継続して単語の暗記を続けることも大切です。

    3-3. リスニング対策のために発音も一緒に覚える

    TOEICの単語を覚える際には、発音と一緒に覚えることをおすすめします。
     
    せっかく単語を覚えたとしても、自分で認識している発音と異なれば、リスニングパートでは「知らない単語」となってしまい意味がありません。
     
    そもそも、学校教育ではリーディングと文法を中心に授業が進められてきたこともあり、単語の正しい発音を覚えていないという人は非常に多いです。
     
    例えば、TOEIC頻出単語の中に、「aisle」という「通路」を意味する単語があり、飛行機予約のシチュエーションなどで、「aisle seat or window seat?(廊下側の席と窓側の席どちらがいいですか?)」と使われてます。
     
    ただ、この「aisle」の読み方は、「アイル」なのですが、「アイスル」と読んでいる人や、「単語を見て意味は浮かぶけど、正しい発音で読めない」という人が多くいます。そのような人たちは、リスニングで「aisle」という単語を聞いても正しく意味を掴むことができません。
     
    これらのことから、TOEICの単語を暗記する際には、リスニングパートでも意味が掴めるよう、発音も一緒に覚えることを心がけましょう。

    3-4. 単語を見て一瞬で意味が思い浮かぶまで暗記する

    TOEIC単語を覚える際に意識して欲しいのは、一瞬で意味が思い浮かぶレベルの暗記を目指すことです。
     
    なぜなら、リスニングでは単語が一瞬で流れていきますし、リーディングでも読解スピードが求められるため、日本語にゆっくり訳している暇はないからです。
     
    また、最終的には単語を見て「イメージ」が思い浮かべられるようになると良いでしょう。単語の意味を見て、イメージが掴みにくいと思ったら、英単語でGoogle検索をして「画像」の部分を見るようにすると、イメージが掴みやすくなるのでおすすめです。
     
    例えば、パート1でよく出題される「curb(縁石)」という単語があるのですが、curbと言う発音を聞いて「縁石」と変換されるより、下記のイメージがパッと出てくるよう訓練するとリスニングでもリーディングでも意味を素早く掴めるようになります。

    3-5. やるべきことを取捨選択する

    TOEIC単語を覚える時には、やるべきことを取捨選択するようにしましょう。
     
    例えば、「日本語から英語に変換できるようにする」「ひとつの意味だけでなく複数の意味を覚える」「英英辞典で確認して英単語のイメージを掴む」などやった方がいいことはたくさんあります。
     
    ただ、とりあえずはシンプルに英単語を「英語→日本語」に訳せるよう暗記するということがやるべきことです。
     
    やった方がいいことは余裕があればやるというスタンスで、ある程度点数が伸びるまでは「やるべきこと」のみに集中するようにしましょう。
     
    TOEICの英単語を覚える際に必ずやるべきことをまとめると、

    1. 目標点数レベルの頻出単語を「英語→日本語」に訳せるよう暗記する
    2. 必ず英単語の発音と一緒に暗記する
    3. 英単語を見て一瞬で意味が思い浮かぶよう訓練する

      の3つだけです。
       
      「英語→日本語」の単語の暗記がある程度達成できれば、あとは、問題演習の中で単語の使い方を学んでいくのが効率的と言えるでしょう。


      4. TOEIC頻出単語を学べるおすすめ参考書を紹介


      TOEIC頻出単語を学べるおすすめの下記参考書について紹介していきます。

      • TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ
      • TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ
      • 世界一わかりやすい TOEICテストの英単語

      4-1. TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ

      出典:Amazon
       
      2章「2. TOEIC頻出単語を目標点数別に紹介」で、500点レベルの単語の多くが分からないと感じた人や、学生時代から英語が苦手であったという人は、基礎的で簡単な単語から覚えることをおすすめします。
       
      銀のフレーズは、TOEIC満点講師が「最短ルートで600点」を取得するためにまとめた参考書であり、TOEICに出題されやすい英文つきなので、効率よく英単語を学ぶことができるでしょう。
       
      もちろん、全てのフレーズの音声をダウンロードできるので、リスニング対策として正しい発音を覚えるのにも役立ちます。隙間時間を利用し、音声を聞きながら、コツコツ単語を覚えていきましょう!

      4-2. TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

      出典:Amazon
       
      基礎的な単語はある程度頭に入っているという人は、前項で紹介した「銀のフレーズ」ではなく、こちら「金のフレーズ」を活用することをおすすめします。
       
      金のフレーズは、TOEICを何十回も受験した講師が「TOEICに必要な単語」をまとめたものであり、600点、730点、860点、990点とレベル別に分かれているため、自分のその時の目標点数における必須単語を覚えていけばOKな作りになっています。
       
      さらに、ただ単に単語を羅列しているのではなく、TOEICで出題されやすい例文やTOEIC裏話なども記載されています。
       
      幅広い点数に対応しているので、「どの単語帳を使えばいいか分からない」と悩む人は、ひとまずこちらを利用すれば間違いないでしょう。
       
      アプリ版もあるので、「アプリで手軽に勉強したい」という人は、そちらを利用するのもおすすめです。

      4-3. 世界一わかりやすい TOEICテストの英単語

      出典:Amazon
       
      「どうしても単語を覚えるのが苦手」「単純な暗記がつまらないと感じる」という人は、こちらの参考書を利用してみてはいかがでしょうか。
       
      カリスマ英語教師の関先生著作の参考書で、従来の参考書とは一味違い、単語のもつイメージや使い方など、暗記のためのヒントやとっかかりを提示してくれます。
       
      そのため、単語を努力でひたすら暗記するのが苦手と悩む人でも使いやすい参考書と言えます。


      5. TOEIC頻出単語を学べるおすすめアプリ2選


      TOEIC頻出単語を学べるおすすめアプリについて紹介していきます。

      • スタディサプリ・TOEIC® L&R TEST対策コース
      • mikan

      5-1. スタディサプリ・TOEIC® L&R TEST対策コース

      出典:スタディサプリ公式サイト
       
      「アプリでTOEICの勉強をしたいけど何を使えばいいか分からない」という人はTOEIC頻出単語を効率よく覚えることができる『スタディサプリ』をおすすめします。
       
      TOEIC目標点数ごとに単語が分けられており、音声を聞きながら覚えられるのはもちろんこと、単語のイメージや使い方が掲載されていて、暗記しやすい仕様になっています。
       
      また、本アプリはTOEIC単語だけではなく、カリスマ講師の関先生が、パートごとの概要や勉強方法、解答テクニックなどを詳細に解説している動画が充実しています。本アプリを使えば、他に参考書を買う必要はなく、TOEIC対策の全てを網羅することができます。
       
      ただ、スタディサプリは、月額3,287円がかかるため、無料でアプリを利用したい人や、単語だけのアプリを探している人は、次項で紹介する「mikan」アプリがおすすめです。
       
      スタディサプリについて詳しく知りたい人はこちらをご参照ください。

      5-2. mikan

      出典:App Store「英語アプリ mikan」
       
      mikanは、TOEICの単語強化に特化した無料で利用できるアプリです。
       
      ゲーム感覚で、発音を聞きながらTOEIC頻出単語を暗記することができる、無料とは思えないクオリティの高いアプリです。
       
      「TOEICの単語強化だけのアプリを使いたい」「自分がどれくらい単語を覚えているか確認したい」という人は、こちらのアプリをダウンロードして、単語の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。
       
      mikanについて詳しく知りたい人は、こちらをご参照ください。


      6. TOEIC頻出単語を覚える際に注意すべき点

       
      TOEIC頻出単語を覚える際に注意すべき点を解説します。

      • 単語の暗記にばかり時間をかけない
      • 全部の単語を覚える必要はない

      6-1. 単語の暗記にばかり時間をかけない

      TOEIC頻出単語を覚える際には、単語の暗記ばかりに時間をかけないよう気をつけましょう。
       
      ここまで、TOEIC頻出単語を覚えることが、TOEICの点数を伸ばすためには重要であるということを述べてきました。
       
      もちろん、TOEIC頻出単語を覚えることは大切なのですが、TOEICで高得点を取るためには、文法やリスニング、長文読解などその他のスキルも磨く必要があることを忘れてはいけません。
       
      実は、必要以上に単語の暗記に時間をかけている人は、なかなかTOEICの点数が伸びずに悩んでいる人が多いです。
       
      そもそも、単語の暗記には長時間かける必要はなく、上述した通り、短い時間で繰り返し単語に触れることで効率よく暗記することができます。
       
      これらのことから、TOEIC頻出単語に関しては時間をかけすぎることなく、短時間で効率よく暗記するようにしましょう。

      6-2. 全部の単語を覚える必要はない

      TOEICには、難易度の高いものを含め多くの単語が使われていますが、全てを覚える必要はありません
       
      ベーシックな単語やTOEIC頻出単語を覚えれば、あとは、TOEIC試験中に知らない単語に出会っても「推測」によって文全体の意味が掴めるので、難なく正解を選ぶことができます。
       
      過去問や予想問題集に出てきた全ての単語を覚えようとする必要はなく、その時間を文法やリスニングの勉強時間に当てた方が効率が良いということを押さえておきましょう。


      7. まとめ

      本記事では、

      • TOEICの単語に関して必ず知っておくべきこと
      • TOEIC頻出単語を目標点数別に紹介
      • TOEIC単語を効率よく暗記するために押さえておくべきポイント
      • TOEIC頻出単語を学べるおすすめ参考書を紹介
      • TOEIC頻出単語を学べるおすすめアプリ2選
      • TOEIC頻出単語を覚える際に注意すべき点

      について紹介しました。
       
      まず、TOEICの単語に関しては、「TOEIC頻出単語」として体系化されているものを覚えることが、短期間でTOEIC高得点を取得する秘訣であり、特に、目標点数レベルの必須単語を暗記することが大切です。
       
      また、TOEIC頻出単語を暗記する際に大切なこととして、1度単語を完璧に覚えてもすぐに忘れるという人間の性質があることから、何度も同じ単語に触れることで記憶を強化することをおすすめします。
       
      その他、本記事を読むことで、効率の良い単語暗記方法や単語暗記のためのおすすめ参考書・アプリについての情報を得ることができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

       

       

      \ 100万人が使うNo.1習慣化アプリ /