1週間のダイエットで確実に痩せる3つの方法と7つのコツを徹底解説

「1週間でダイエットってできる?」
「1週間でダイエットするにはどんな方法があるの?」
「1週間という短い期間でスッキリ見せるにはどうしたらいい?」

 
など、あなたは今、1週間で痩せる方法を探していませんか?
 
結論から言うと、1週間でダイエットをして体重を落とすことは可能です。
 
ただ、1週間で体重を落とすためにはある程度厳格な食事制限が必須になります。
 
なぜなら、「体脂肪1kgを減らすのには約7200kcal消費する必要がある」と言われていることから、1日200から300kcalの食事制限やハードな運動を行なったとしても、理論上は1週間で0.5kgも痩せないからです。
 
そこで、本記事では、1週間で確実にダイエットを成功させられる方法として、下記の3つをピックアップしました。

  • ベリーローカロリーダイエット+むくみ取り
  • ファスティング
  • 糖質制限+有酸素運動ダイエット

上記のダイエット方法はどれも大幅に摂取カロリーのカットをする必要があります。
 
しかし、上述した通り、「少し間食を控える」「毎日ウォーキングを1時間する」程度の健康的な行動のみで1週間で痩せるのは難しいので、「どうしても1週間後に痩せてすっきりとした体になりたい!」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
さらに、

  • 1週間でダイエットするための7つのポイント
  • 1週間で痩せて見えるためのむくみ取りの方法
  • 1週間のダイエットをする際に必ず押さえておくべき注意点

についても紹介していきます。
 
厳しい食事制限ができないという人は、むくみを取ってあげるだけで格段とスッキリして見えるので、参考にしてみてください。
 
本記事では、「食事バランスに気をつけましょう」や「運動をしましょう」というような、長期的なダイエットのコツについてではなく、1週間でダイエットするために必要なこと全てについてお伝えしています。

本来のダイエットは「健康的な食事と運動などの生活習慣の改善に長期的に取り組むことで、適切な体重を維持し、体と心を健康にすること」を目指すべきです。
それでもあえて1週間のダイエットについてご紹介する理由は、「短期的であっても体重が減ったことがモチベーションとなって、長期的・健康的なダイエットのきっかけとなることが多いため」です。

最後までお読みいただければ、あなたのダイエットに役立つ発見があるはずです。簡単ではありませんが、1週間で痩せたいと本気で考える人はぜひ試してみてくださいね。

また、同じ目標を持つ仲間と一緒にダイエットを続けるアプリ「みんチャレ」を使って食事や運動などの生活習慣を改善する本来のダイエットを継続し、ダイエットに成功されている方がたくさんいます。
実際にみんチャレを使ってダイエットに成功された方にインタビューしていますので、以下の記事を参考にしてみてください。

体重を報告し合い、1年で10kgのダイエットに成功!本音を言える仲間が応援してくれるから頑張れる
体重を報告し合い、1年で10kgのダイエットに成功!本音を言える仲間が応援してくれるから頑張れる

 

みんちゃれ無料ダウンロード

目次

1. 1週間でダイエットするための鍵は食事制限とむくみ取り!

 
1週間でダイエットするために大切なのは、食事制限とむくみ取りになります。
 
「ダイエット=運動」という発想を持っている人も多いかもしれませんが、基本的に運動は相当な時間を費やさなければ大きくカロリーを消費することは難しく、さらに、運動を多くすることで食欲増進やケガにつながるリスクもあります。
 
実際に、短期的ダイエットなら食事制限のみで効果がでるということを示す研究も多くあるため、本記事では、食事制限を軸に1週間で確実に痩せるダイエット方法を提案していきます。
 
さらに、体重を減少させるだけでなく、体のむくみを取ることも推奨します。
 
1週間という短い時間の中では減らせる体重には限界がありますが、「スッキリと見せること」はむくみを取ることで可能になるからです。
 
普段からむくみやすい体質の方は、むくみを取るだけでも23kg痩せたように見える効果が期待できるでしょう。
 
次章から紹介する1週間で確実に痩せるダイエットを実行するのがどうしても難しいという場合には、4章「4.1週間ダイエットでは体のむくみを取ることが大切」で紹介するむくみ取りの方法だけでも試してみる価値はありますよ。


2. 1週間で確実に痩せるためのおすすめダイエット3選

 
1週間で確実に痩せるためのおすすめダイエット3選を紹介していきます。

  • ベリーローカロリーダイエット(VLCD)+むくみ取り
  • ファスティング
  • 糖質制限+有酸素運動ダイエット

2-1. ベリーローカロリーダイエット(VLCD)+むくみ取り

1週間でダイエットする方法はいくつかありますが、第一候補として、ベリーローカロリーダイエットを試してみることをおすすめします。ベリーローカロリーダイエットをおすすめする理由としては、鶏胸肉などの食事が取れる上に、ダイエット効果が高いからです。
 
ベリーローカロリーダイエットは、100kg以上ある科学者が集まって考案したダイエット方法で、1日のカロリーを400Kcal前後に押さえるダイエット方法です。
 
400Kcalは全てタンパク質で摂取する形にして、その生活を1週間継続したところ、平均で7kg程度の減量に成功しただけでなく、リバウンドもしなかったそうです。
 
ダイエットの原則として、消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せるため、ここまで摂取カロリーを制限すれば痩せるのは当然のこととも言えるでしょう。
 
かなり厳しいダイエット方法ではありますが、このベリーローカロリーダイエットに加えて、マッサージやエステなどでむくみとりを行えば、1週間という短い時間でもかなりスッキリした見た目になるでしょう。
 
ただ、ベリーカロリーダイエットは一応ある程度理論が確立され、研究などでも実行されている方法ではありますが、リスクが全くないことは保証できないので自己責任で行うようにしてください。
 
特に、持病がある人や妊婦の方におすすめしないのは言うまでもなく、さらに活動量の多い人もエネルギー不足で体調不良に陥る可能性があるのでおすすめしません。

一般的なベリーローカロリーダイエットのルール

  • 1日の摂取カロリーは400Kcal程度に抑える
  • 食事の内訳はタンパク質60g〜70gと塩6g
  • 鶏胸肉に軽く塩を振ったものやプロテインドリンクがおすすめ
  • エネルギー不足に陥るので運動は控えることを推奨

むくみ取りのアイデア

  • ストレッチやマッサージを行う
  • エステを利用する
  • 水を十分に摂取する

2-2. ファスティング

ベリーローカロリーよりお手軽にダイエットを成功させたいという人は、ファスティングをおすすめします。ベリーローカロリーと比べて、たんぱく質量などを計算する必要がないため、忙しい人でも挑戦しやすいです。
 
ファスティングとは断食のことで、断食には色々な種類がありますが、1週間で痩せることを目的とするのであれば、5日から1週間酵素ドリンクと水だけで過ごす方法を試してみてはいかがでしょうか。

一般的なファスティングのステップ

ファスティングを始める前は消化の良いものを食べる
②5日から1週間、「酵素ドリンクと水のみ」もしくは「2食を酵素ドリンク1食は消化の良いもの」に置き換える
ファスティングが終わった後は、5日間程度かけて消化の良いものを摂取していく

一般的なファスティングのダイエットに従って行えば、ほとんど食事を取らないことになるので、体内に蓄積されたグリコーゲンが消費されます。体内のグリコーゲンは水分と結びついているため、自然とむくみも取れ、体重減少以上に見た目が痩せて見えるようになるでしょう。
 
ファスティングに関しては、通常のカロリー制限と比べて、体重と体脂肪の減量効果が高いとされる研究結果が多く出ています。
 
ただし、断食は短期間で痩せるには非常に効果的な方法ではありますが、素人の判断で行うと健康上のリスクがあるため、必ず専門家が発信する情報に従うようにしてください
 
酵素ドリンクの販売元ごとに専門家がルールを設定しているはずです。
 
一般的には持病がある人や妊婦の方、標準体重以下の方などがファスティングを行うことは推奨されておらず、体調が悪くなったらすぐにやめるべきとされているので、必ず専門家のルールに従うようにしてくださいね。

2-3. 糖質制限+有酸素運動ダイエット

 最後に、「ベリーローカロリーダイエットやファスティングのように極端な食事制限をするのがつらい」という人は、ダイエット効果は少し落ちますが、糖質制限と有酸素運動を組み合わせることをおすすめします。
 
糖質制限にはリバウンドしやすいことや長期的実施における健康上の問題など賛否両論はありますが、1週間で痩せるためには効果的な方法と言えるでしょう。
 
なぜなら、糖質の量を制限することで、ファスティング同様、体に蓄積されたグリコーゲンが枯渇し、体から水分が抜けて、短期間で見た目がスッキリするからです。
 
糖質制限をすることで、体重自体が減るだけでなく「むくみ」も自然と取れて、体重減少以上に痩せて見えるということです。

糖質制限の具体的な方法

  • PFCバランス(タンパク質・脂質・炭水化物)をなるべく3:6:1に調整する
  • (目標摂取カロリーを3:6:1に分けて、それぞれの栄養素に分配する。例えば、1500Kcalが摂取カロリー目標であれば、それぞれのバランスが、450Kcal900Kcal150Kcalという形になります)
  • 基本的に毎食の主食は抜く、イモ類など糖質の多い野菜も注意
  • 甘い飲み物を一切取らない
  • 炭水化物を抜く分、タンパク質や脂質を多く摂取する
  • 主食を抜いておかずを一品増やすようなイメージ
  • 脂質量が足りなければMCTオイルなどを摂取する

さらに、余裕があれば、糖質制限に加えて有酸素運動を追加することで、脂肪の分解をさらに促進することができてダイエット効果が高まります。糖質制限によって、体のグリコーゲンが枯渇するため、体は積極的に脂肪燃焼を行うと言われているからです。
 
ただ、こちらも、持病がある人や妊婦の方におすすめしないのは言うまでもなく、長期間継続することに対しては健康上のリスクがあると指摘されていることを押さえておきましょう。


3. 1週間でダイエットするための7つのポイントについて解説

 
1週間でダイエットするための下記7つのポイントについて解説していきます。

  • 厳しいカロリー制限が必須
  • むくみ解消のために糖質制限が必須
  • 加工食品を減らす
  • タンパク質量を増やす
  • 水分は十分に取るようにする
  • ゆっくりとよく噛んで食べる
  • 運動を取り入れるのであれば有酸素運動

    3-1. 厳しいカロリー制限が必須

    1週間でダイエットをするためには、厳しいカロリー制限がどうしても必要になります最低限、1日1000kcalから1200kcal程度に抑える必要があると考えて良いでしょう。
     
    なぜなら、体脂肪1kgを減らすのに約7200kcalの消費が必要と言われているので、自分の必須カロリー(体重を維持するために必要なカロリー)から1000kcal引いたカロリーに食事を抑えることで、1週間でやっと1kg程度の体重減少に成功するという計算になるからです。
     
    自分の必須カロリーに関しては、下記の表で出すことができるので、ぜひ参考にしてみてください。
     
    基本的には、3食の食事にかなり気をつけるだけではなく、間食は一切やめて、カロリーのある飲み物も控える必要があるでしょう。
     
    【参考:体重1kg当たりの推定エネルギー必要量】
    出典:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)

    身体活動レベルI:生活の大部分が座った状態での活動
    身体活動レベルⅡ:デスクワーク中心だが、通勤や買い物での徒歩や家事、軽いスポーツをしている
    身体活動レベルⅢ:移動や立位の多い仕事へ の従事者、あるいは、ス ポーツ等余暇における活 発な運動習慣を持ってい る場合

    3-2. むくみ解消のために糖質制限が必須

    1週間でダイエットの効果を出すために、糖質を制限することが必須です。
     
    タンパク質・脂質・糖質というカロリーのある3大栄養素の中で、太る原因と言われているのは、脂質と糖質になります。
     
    そして、一般的なダイエット方法としては、脂質を抑えることが推奨されてきました。糖質は体のエネルギー源として使われるために、制限することに賛否両論があるからです。
     
    ただ、上述した通り、1週間でダイエットの結果を出すためには、体の余分な水分を排出して体重減少とむくみ改善につなげることが重要になります。1週間で多くの体脂肪を燃やすことは不可能に近いため、なるべく体にある水分を排出することで、スッキリ見せることが大切なのです。
     
    糖質制限を行うと、水分と結びついている体内のグリコーゲンを枯渇させるため、体から水分が抜けて体重減少やむくみの改善に結びつきます。
     
    脂質制限ではこれらの効果は期待できないので、1週間ダイエットでは即効性の高い糖質制限が必須と言えるでしょう。

    3-3. 加工食品を減らす

    1週間でダイエットの効果を出すために、加工食品を減らすことを心がけましょう。
     
    加工食品は一般的には、冷凍食品やカップ麺など食品の原型が分からないものと定義されていることが多いです。
     
    そもそも、これらの加工食品は栄養素が少ない上にカロリーが多く、ダイエット向きの食材とは言えません。添加物や塩分が多く含まれているので、むくみにもつながりやすいです。
     
    せっかく糖質制限をしていても、加工食品を食べることでむくんでしまっては、1週間でダイエットの成果を出すことが難しくなってしまいます。
     
    そのため、冷凍食品やカップ麺、ジャンクフードなどの加工食品を摂取することは控えるようにしましょう。 

    3-4. タンパク質量を増やす

    1週間ダイエットの効果を出すためにタンパク質量を増やすようにしましょう。
     
    タンパク質は代謝される際にエネルギーを多く使うことや食欲を抑える効果があることからダ イエット向きの栄養素と言われています。
     
    特に、鶏肉や乳製品、ホエイプロテインはダイエット効果を促進してくれることが分かってきているので、1週間ダイエットの間も積極的に取るようにしましょう。

    3-5. 水分は十分に取るようにする

    1週間でダイエット効果を出すため、水分は十分に取るようにしましょう。
     
    1週間でダイエットの効果を出すためには、体のむくみを取ってスッキリと見せることが重要であることをお伝えしましたが、「むくまないために水分を取るのを控えよう」と考えてしまう人がいます。
     
    しかし、「むくまないように水分を取るのを控えよう」と考えるのは血行悪化からむくみにつながるので逆効果です。
     
    また、すでにカロリーの摂取量を大幅に制限しているため、水分まで制限してしまっては、体が危険な状態になってしまいます。
     
    そのため、1週間でダイエット効果を出すためには、水分は1日2ℓ程度を目安として、しっかりと摂取することをおすすめします。

    3-6. ゆっくりとよく噛んで食べる

    1週間でダイエットを成功させるポイントとして、ゆっくりとよく噛んで食べるようにすることも大切です。
     
    食事に時間をかけることで、血糖値の上昇が穏やかになることが分かっているため、その後の空腹感を抑えることができます。
     
    「ながら食べ」や「早食い」などは、満腹感を感じにくく、思った以上の量を食べてしまうことも多いでしょう。
     
    1週間ダイエットでは、基本的に食事のカロリーを制限しなければならないので、なるべく満腹感を感じられるような食べ方をすることが挫折しないポイントのひとつと言えます。

    3-7. 運動を取り入れるのであれば有酸素運動

    1週間ダイエットで運動を取り入れるのであれば、有酸素運動がおすすめです。
     
    上述した通り、1週間のダイエットにおいては運動は必須ではなく、必須なのは食事制限とむくみ取りになります。
     
    実際にベリーローカロリーダイエットやファスティングを行うのであれば、1日の摂取カロリーがかなり抑えられるため、基本的に運動自体が推奨されていません。
     
    ただ、糖質制限ダイエットを選択した場合など、ある程度のカロリーを摂取するダイエットを行う場合には、1週間で効果を出すためにも運動を取り入れることをおすすめします。
     
    その場合、1週間という短い時間を考えると、筋トレなどの無酸素運動では効果が出にくいので、多くのカロリーを消費できる有酸素運動を選択した方が良いでしょう。
     
    ここからは、消費カロリーの大きい有酸素運動を紹介していくので、自分に合うものを選んで実践してみてくださいね。

    3-7-1. ジョギング

    1週間ダイエットに有酸素運動を取り入れるのであれば、ジョギングが1番おすすめです。有酸素運動の中でも、特に効率よく消費カロリーを増やすことができるからです。
     
    ジョギングにおいて、1番脂肪燃焼効果が高いのは、「話ができる程度の速さで走ること」なので、速く走るより少しゆっくり走った方がダイエットに効果的です。
     
    もう少し具体的に言うと、最大心拍数の60%から70%ぐらいの運動強度に調整するのがおすすめです。最大心拍数は「220-年齢」で出すことができるので、30代であれば110から130くらいの心拍数を目安に運動を行いましょう。30分程度ジョギングをすれば、200Kcalほど消費できると言われています。
     
    また、朝食前にジョギングを行うと、脂肪燃焼効果が高いのでおすすめです

    3-7-2. 水泳

    1週間ダイエットに運動を取り入れる場合、水泳もおすすめです。なぜなら、水泳はジョギングと比べても関節などへの負担が少なく、消費カロリーが大きい運動だからです。
     
    水泳は、例えば、クロールを30分やれば500Kcal、平泳ぎでは300Kcalほど消費することができると言われています。
     
    プールで歩くだけでもある程度の消費カロリーが期待できるので、泳ぐことと歩くことを交互に繰り返すのもおすすめです。
     
    水の中にいるとリラックス効果も期待でき、辛いダイエット期間の癒しにもなるでしょう。

    3-7-3. 負荷の高いウォーキング

     負荷の高いウォーキングもおすすめです。
     
    ジムであれば傾斜をつける、また、ジム通いをしていなければ坂道を歩くことで、ウォーキングの負荷をあげることができます。
     
    ジョギング同様、最大心拍数の60%から70%ぐらいの運動強度に調整すると脂肪燃焼効果が高くなります。
     
    負荷の高いウォーキングであれば、30分で100Kcalほど消費できると言われているので、ジョギングや水泳が苦手な人はぜひ試してみてくださいね。

    3-7-4. HIIT

    時間がない人やジム通いが難しい人は、家ですぐにできるHIITをおすすめします。
     
    HIITとは、「High Intensity Interval Training(高強度インターバルトレーニング)」の略で、高強度の運動と休憩を繰り返すトレーニング方法のことです。
     
    一般的に、スクワットやバービーのような激しい運動を20秒全力で行って、10秒休むというのを8回繰り返します。HIIT1回あたりの消費カロリーは100Kcal程度と言われています。
     
    トータルで4分しかかからない上に、脂肪燃焼効果が高いことが分かっているため、ぜひ取り入れてみてくださいね。

    3-7-5.ダンス

    ダンスも消費カロリーが大きいのでおすすめの運動のひとつです。
     
    何より、ジョギングやウォーキングと比べても「楽しい」と感じる人が多いでしょう。
     
    また、家でも動画を見ながら手軽に行えるので、ダンスが好きな人は取り入れてみることをおすすめします。


    4. 1週間ダイエットでは体のむくみを取ることが大切

     
    1週間でスッキリ痩せて見える体を作るため、体のむくみを取ることが大切になります。むくみとは、血行不良や塩分の取りすぎなどの原因で、細胞間に水分が溜まることを言います。
     
    体がむくんでいると必要以上に体が大きく太く見えるため、むくみを取ってあげるだけでも、体重が数キロ減ったかのようにスッキリとして見えるはずです。
     
    そこで、むくみを取るための下記方法について紹介していきます。

    • 塩分やアルコールを控える
    • カリウムを含む食材を取る
    • ストレッチやマッサージを行う
    • エステを利用する

    4-1. 塩分やアルコールを控える

    塩分やアルコールを控えて、むくみの原因を排除しましょう。
     
    塩分を多く摂取すると、体の塩分濃度を薄めようと水分を溜め込みやすくなるため、どうしてもむくんでしまいます。
     
    塩分というと、お味噌汁など和食に多く含まれている印象が強いかもしれませんが、加工食品にも多くの塩分が添加されています。そのため、加工食品を避けること自体がダイエットに効果的ですが、むくまないようにするためにも加工食品を取らないことをおすすめします。
     
    また、アルコールを摂取すると血管が拡張して、水分の処理が追いつかなくなることから、こちらもむくみやすくなると言われています。また、アルコールに合うつまみがどうしても塩っ気が多いものであることも「飲み会の次の日にむくむ」要因と言われています。
     
    1週間でスッキリとした体を作りたいのであれば、塩分を控え、アルコールは一切取らないようにすることをおすすめします。

    4-2. カリウムを多く含む食材を取る

    カリウムを多く含む食材を取ることで、ナトリウム(塩)を体から排出してくれるため、積極的に摂取するようにしましょう。
     
    そもそも日本人は、塩分の多い和食を食べているにもかかわらず、カリウムが不足しやすいと言われているため、下記のようなものを食べてむくみの解消を促しましょう。

    カリウムが多い食材

    バナナ、りんご、アボガド、きゅうり、ほうれん草、枝豆、キウイフルーツ、海藻類など

    4-3. ストレッチやマッサージを行う

    むくみを解消するために、ストレッチやマッサージを行うようにしましょう。
     
    むくみは、血行不良によって細胞間の水分がうまく排出されないことでも起こるため、血流をよくすることを行うと良いです。
     
    代表的で簡単にできるのはストレッチやマッサージです。また、軽い運動や湯船にゆっくり浸かることも血行促進には効果的です。
     
    特に、普段から「血行が悪い」と感じている人は、血流をよくする行動を心がけるだけで、むくみが抜けてスッキリとした見た目を手に入れられるでしょう。

    血行をよくする行動

    • ストレッチやマッサージ
    • 軽い運動
    • 湯船にゆっくり浸かる
    • ホットタオルで体の冷えた部分を温める
    • 着圧ソックスを履

    4-4. エステを利用する

    むくみを取るため、プロに頼るという方法もあります。
     
    多くのエステでは、むくみ解消のプランが用意されているので、利用してみてはいかがでしょうか。
     
    水分が抜けただけであることがほとんどですが、1回のエステで数キロ痩せたという口コミも多くあり、3,000円程度から体験できます。
     
    ただ、エステでのむくみ解消のマッサージはしばらくしたら元に戻ってしまうため、大切な用事の前日や直前にエステを予約すると高い効果が感じられるでしょう。


    5. 1週間のダイエットを行う際に必ず押さえておくべき注意点


    1週間ダイエットを行う際に必ず押さえておくべき下記の注意点について解説します。

    • 急激に体重を減らすと健康を損なう可能性が高い
    • 代謝を落とす可能性がある
    • リバウンドしやすい

    5-1. 急激に体重を減らすと健康を損なう可能性が高い

    1週間ダイエットで体重を減らしたいのであれば、摂取カロリーを大幅に抑える必要があります。
     
    そのため、ダイエットの結果を出すことと健康を同時に叶えることは難しいということを覚えておきましょう。
     
    ここまで紹介してきたどのダイエット方法も過酷であるため、長期的に行うことはもちろんおすすめはできません。自分の体調をよく観察し、体調の変化を感じたらすぐにダイエットを中止してくださいね。
     
    もし、健康的にダイエットがしたいのであれば、1週間ではなく長期的なダイエットを行うことをおすすめします。

    5-2. 代謝を落とす可能性がある

    1週間で体重を急激に減らした場合、筋肉量も一緒に減ってしまうことが多いです。そのため、代謝が低くなってしまい、痩せにくい体が出来上がってしまうことがあります。
     
    代謝が低くなるのを止めるためには、1週間ダイエットで成果が出た後は、徐々に食べる量を戻しながら、筋トレを行い筋肉をつけるようにしましょう。

    5-3. リバウンドしやすい

    1週間ダイエットが成功した後は、リバウンドしやすいので注意が必要です。
     
    短期的に体重を減らすためには大きく摂取カロリーを減らす必要があるので、体が飢餓状態になり、脂肪などを蓄えやすい状態になってしまいます。
     
    そのため、1週間ダイエットが終了した後に暴飲暴食をすると、すぐにリバウンドしてしまうでしょう。そのため、ダイエット後の暴飲暴食は避けて、徐々に通常のカロリーに戻していくことをおすすめします。


    6. みんな「みんチャレ」でダイエットに成功している!

    ここまでは、1週間のダイエットで確実に痩せる方法とコツについて解説してきました。

    しかし、5章で紹介したように、1週間のダイエットは健康を損なう可能性が高かったり、リバウンドしやすいといったデメリットがあります。
    また、厳しい食事制限が必要なため、長く続けることも難しいです。

    この記事の冒頭でもお伝えしましたが、多くの人におすすめできるダイエットといえば、“王道”といわれる「食事と運動」をベースにしたダイエットです
    無理なく健康的に痩せたり、短期間のダイエット後に適切な体重を維持するためには、きつい食事制限や激しい運動ではなく、食事と運動などの生活習慣の改善に長期的に取り組むことが大切です

    そのためにおすすめなのが、匿名の5人組の仲間と一緒のチームで、ダイエットを一緒に頑張ることができる習慣化アプリ「みんチャレ」です。
    みんチャレを使ったダイエットでは、極端な食事制限や過度な負担は必要ありません。
    さらに、痩せる習慣を身につけるため、リバウンドすることもありません。

    みんチャレが過去にユーザーに対して行った調査では、みんチャレでダイエットに取り組んだユーザーは3ヶ月で平均3kgのダイエットに成功したという結果も出ています。
    また、これまで100万人を超えるユーザーがみんチャレで習慣化に取り組んでおり、神奈川県と行った実証実験ではみんチャレを活用した糖尿病患者の目標歩数の達成率・平均歩数が2倍になったという結果も出ています。

    以下ではみんチャレを使ってダイエットに成功した方の声を紹介します。

    みんチャレは食事・運動・睡眠などの生活習慣を改善し、健康的に痩せてリバウンドをしない、本来のダイエットを推奨しています。
    この先では、みんながみんチャレを使ってダイエットに成功している理由と、おすすめの使い方を紹介します。

    6-1. ダイエットが成功する理由①  同じ目標の仲間と楽しく続けられる

    みんチャレを使うと、同じ目標を持つ仲間とダイエットを楽しく続けることができます
    なぜなら、同じ目標を持つ仲間とお互いに毎日の頑張りや成果を報告し合うことで、モチベーションを上げることができるからです。

    ダイエットはひとりで頑張っていても、「サボっちゃおう」とふと思った瞬間に挫折しがちです。
    しかし、同じく頑張っている仲間がいれば「自分もやらなければ」といいプレッシャーを感じることができるのです。

    また、習慣化のチャレンジを共有することで、人から「監視されている」のと同様の状態になります。
    人はご褒美を与えられるよりも監視をされる方が習慣化率が上がります。

    みんチャレでは、チームの仲間に、毎日頑張った証拠写真を報告したり、コメントやスタンプなどで励まし合いながらダイエットに取り組みます。
    自分の頑張りをチームのメンバーから褒めてもらったり、時には弱音を吐いてダイエットの辛さを共有したり、情報交換しながら取り組むことで、ダイエットのモチベーションが上がって毎日楽しく続けることができるのです。

    食事記録チーム(左)、ランニングチーム(右)のチャット画面例


    また、周りに同じ目標の友人がいない方でも、アプリ上で自分と同じ痩せる習慣を身につけたい仲間と簡単に出会うことができます

    みんチャレには様々なチャレンジやチームがあります


    みんチャレには、体重・食事・睡眠などのレコーディングダイエットを行うチャレンジ、トレーニングやランニングなどを行うチャレンジなど、ダイエットに関連する様々なチームがあるからです。

    6-2. ダイエットが成功する理由②  太る行動に気づき、改善できるようになる

    みんチャレで毎日投稿を続けると、自分の行動を振り返り、太らせている要因に気付けるようになります。

    なぜなら、みんチャレでは毎日必ず自分の取り組んだ証拠写真や、体重などの数値を投稿する必要があるからです。

    毎日チャットに体重などの身体の状態や運動、食事改善などのダイエットの取り組みを投稿すると、「自分がなぜ太っているのか?」に気付くことができるようになります

    気付きの例

    • 1日3回仕事中に飲んでいるカフェラテが高カロリー
    • 残業が続くと小腹を満たすために食べすぎている
    • しばらく運動をサボったら体重が増えてきた

      そして、自分がを太らせている行動に気付くと、「今日は食べすぎてしまったので明日は調整しよう」「手元におやつをおかないようにしょう」という風に、自分を太らせている行動を改善できるようになるのです。

      毎日の食事内容や体重を報告することで、調整ができるようになってくる
      マイデータ画面(左)、カレンダー画面(右)で、数値や行動の変化を視覚的に認識することができる

       

      6-3. 体重管理と食事記録チームに参加するだけでダイエットが成功する!

      みんチャレを使って痩せる習慣を身につけ、ダイエットを成功させるためには、まずは「体重管理」と「食事記録」のチームに参加しましょう


      なぜなら、「 6-2. ダイエットが成功する理由②  太る行動に気づき、改善できるようになる」でも述べたとおり、体重と食事内容を記録するだけで「自分がなぜ太っているのか?」に気付き、改善するきっかけになるからです。
      「自分では無意識で行っていた太る行動」に気付いて自覚することで、自然とその行動を避けられるようになり、痩せることができるのです

      6-3-1. 「体重管理」チャレンジで、現在の体重が近い人が集まるチームに参加しよう!

      体重管理のチャレンジには、下記のようにさまざまな目標や名前のチームがありますが、特に自分の現在の体重と目標体重が同じ人がいるチームに参加しましょう。

      • 70kg台→60kg台へ
      • BMI25未満を目指そう
      • 毎日体重記録をつけよう
      • 体重を記録してリバウンド防止

      みんチャレでは、自分の境遇や目標が近い人と一緒に取り組んだ方が効果が高いことが分かっています。

      「体重管理」チャレンジのチームでは、チームのメンバーに毎日体重計の写真や体重管理アプリの画面と、その日の体重を報告します。

      報告した体重のグラフはマイデータ画面から確認することができます。

      体重管理チームのチャット画面(左)、マイデータ画面(右)

      6-3-2. 「食事記録」チャレンジで、食生活を改善するチームに参加しよう!

      食事のチャレンジには、毎日の食事を記録する、特定の食材を食べる、間食を避けるなどさまざまな目標のチームがあります。
      その中でも特に、以下のような毎日の食事を記録して改善するチームに参加しましょう

      • バランスの良い食事で痩せよう
      • 糖質制限にチャレンジ
      • 食事と摂取カロリーを共有しよう

      まずは自分の食事を記録して、太る原因を知って改善するためです。

      「食事記録」チャレンジのチームでは、チームのメンバーに毎日食べた物を写真で報告します。
      食事の写真は複数枚投稿でき、マイデータ画面から確認することができます。

      体重管理チームのチャット画面(左)、マイデータ画面(右)

      毎日の体重と食事が記録できるようになってきたら、運動のチームに参加して、「3-7. 運動を取り入れるのであれば有酸素運動」を実践するとより効果が高まるでしょう。

      運動には

      • 毎日筋トレしよう
      • みんなで目指せ5万歩
      • HIITに挑戦

      などのチームがお勧めです。

      さらに詳しくみんチャレの活用法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

      【応用編】3ヶ月で-3kg!ダイエットに効果的なみんチャレの活用方法とは?
      【応用編】3ヶ月で-3kg!ダイエットに効果的なみんチャレの活用方法とは?

       

      みんチャレでは、2つ以上のチームに参加するにはプレミアム(有料)を購読する必要があります。
      複数チームに参加した場合は習慣化成功率が2倍になるという結果も出ているので、よりダイエットの成功率を上げるためにはプレミアムを購読することをおすすめします。
      初回登録時、最初の2週間は無料なので、まずは気軽に試してみてください。

       


      7. まとめ

       
      本記事では、1週間でダイエットをする方法として、

      • ベリーローカロリーダイエット+むくみ取り
      • ファスティング
      • 糖質制限+有酸素運動ダイエット

      について詳しく解説しました。
       
      上記のダイエット方法を間違いなく実施してもらえば、確実に痩せることができます。
       
      また、

      • 1週間でダイエットするための7つのポイント
      • 1週間で痩せて見えるためのむくみ取りの方法
      • 1週間のダイエットをする際に必ず押さえておくべき注意点

      についても解説しました。
       
      1週間でダイエットするための7つのポイントは、

      • 厳しいカロリー制限が必須
      • むくみ解消のために糖質制限がおすすめ
      • 加工食品を減らす
      • タンパク質量を増やす
      • 水分は十分に取るようにする
      • ゆっくりとよく噛んで食べる
      • 運動を取り入れるのであれば有酸素運動

      です。
       
      本記事を参考に、1週間という短い時間でのダイエットをぜひ成功させてくださいね!
       
      <その他の参考URL>
      1キロ痩せるには?1週間で1キロ痩せるためのダイエット方法
      https://allabout.co.jp/gm/gc/185865/
       
      たった2日で顔のむくみを解消して小顔にする方法【食べ物&サプリ】
      https://www.body-make.com/blog/kogao
       
      酒による顔のむくみ
      https://www.tokushima.med.or.jp/kenmin/doctorcolumn/hc/166-4039
       
      カリウムを豊富に含む食べ物は?効果と摂取基準も解説
      https://www.lotte.co.jp/medipalette/2113/
       
      【みんな間違えている糖質制限!?】糖質制限の効果と正しい糖質制限食を紹介
      https://www.kusurinomadoguchi.com/column/articles/carbohydrate-restriction-effect-20528/

       

       

      \ 100万人が使うNo.1習慣化アプリ /