1番早く痩せる方法とは?具体的なスケジュールとやり方を徹底解説

1番早く痩せる方法とは?具体的なスケジュールとやり方を徹底解説
「1番早く痩せる方法を知りたい!」とあなたは今、考えていませんか?
 
1番早く痩せる方法と勘違いされやすいのは「食べない」ダイエットですが、実は、「食べない」ダイエットではあまり痩せません
 
食事のカロリーを大幅に減らしたところで、一瞬は、今より数キロ痩せて見えるかもしれませんが、身体が飢餓状態になるため、高い確率でリバウンドしてしまうのです。
 
また、食事のカロリーを大幅に減らす生活は、長期的に実行するのが難しいので、大きな体重減少につなげられません
 
そのため、1番早く痩せるためには、「食べない」ダイエットではなく、スケジュールに従って計画的に食事制限や運動を行うのが最適な方法と言えるのです。
 
本記事では、

  1. 1番早く痩せる方法は「食べない」ではない
  2. 【1週間】1番早く痩せるダイエット方法を解説
  3. 【2週間】1番早く痩せるダイエット方法を解説
  4. 1番早く痩せる「健康的な」3つの方法を解説!
  5. 「1番早く痩せる」目標を達成するためのポイント
  6. 「痩せて見える」ための裏技4選

について解説します。
 
具体的なダイエット方法や注意すべきポイントなどを詳しく紹介しているので、誰でも「1番早く痩せる」方法を実行することができます
 
本記事を参考に、1番早く痩せる方法について理解し、理想の体型を手に入れる一歩を踏み出しましょう! 


1.  1番早く痩せる方法は「食べない」ではない


1番早く痩せる方法は「食べない」ことと思っている人も多いかもしれませんが、「食べない」方法では痩せることは難しいです。
 
「とにかく不健康でもいいから痩せたい」という人がたどり着きやすい「食べない」ダイエットは、体重計の数字が減ることから、一見、痩せたように感じるでしょう。
 
しかし、体重計の数字が減っているのは、「脂肪」が減っているわけではなく、主に「筋肉」と「水分」が減っているからなのです。
 
一時、「水分」などが抜け、スッキリしているように見えるかもしれませんが、この状態は長くは続きません。
 
なぜなら、食べ物が入ってこなくなった身体は、飢餓状態に陥るため、脂肪を蓄えやすくなります「次にいつ飢餓状態になっても生きられるように脂肪を蓄えておこう」と、食べ物をなるべく脂肪として蓄えようとするのです。
 
さらに、代謝を抑えて、なるべくエネルギーを使わないうにします。
 
上記のような反応は生命維持を優先する身体にとっては当然と言えますが、太りやすく痩せにくい身体になるので、ダイエットに関しては不利に働きます。
 
つまり、1番早く痩せるには「食べない」ことが最適解と思われるかもしれませんが、決してそうではなく、「食べない」で痩せたように見えるのは一瞬で、リバウンドして元の体重に戻る上に、最終的には太りやすい身体になってしまうということです。
 
多くの場合は、「筋肉」と「水分」が減少して一瞬痩せたように見えた後、すぐに「脂肪」を蓄えてリバウンドし、痩せにくくなってしまうのです。
 
また、「食べない」ダイエットは、言うまでもなく不健康です。
 
「食べない」ということは、身体の代謝やホルモン分泌などの働きを行うのに必要な栄養素を取り入れないということになります。
 
そのため、「食べない」ことで下記のような不調がでる可能性があります。

  • 身体の疲れやすさや怠さ
  • 貧血でフラフラする
  • 免疫力の低下
  • イライラや憂鬱など心の症状
  • 生理不順

上記のような体調不良で済めばいいですが、最悪、倒れてしまったりなど重篤な状態に陥ることもあるかもしれません。
 
以上のことから、1番早く痩せる方法に見える「食べない」ダイエットは推奨しません。1番早く痩せることを望むのであれば、次章から紹介する方法をおすすめします。


2. 【1週間】1番早く痩せるダイエット方法を解説


それでは、1番早く痩せるダイエット方法について解説していきます。「1週間でどうしても痩せたい!」という人は、下記のようなスケジュールでダイエットを進めていきましょう。

  • 前半は食事制限と運動で脂肪燃焼
  • 後半は水分を排出してスッキリした身体を作る

前章で紹介した通り、全く食べないダイエットは逆効果なのでおすすめしませんが、本章で紹介するダイエットも「1週間で痩せる」ことを前提としているので、簡単ではありません。
 
多少、摂取カロリーを抑えることになるので、人によっては過酷と感じる人もいるでしょう。過酷なダイエットが難しい、少し時間がかかっても健康的なダイエットをしたいという人は、4章「4. 1番早く痩せる「健康的な」3つの方法を解説!」以降をご参照くださいませ。

2-1. 前半は食事制限と運動で脂肪燃焼

1週間のうちの前半、4日から5日は、食事制限と運動で脂肪燃焼を促しましょう
 
1日の摂取カロリー量や運動の取り入れ方、具体的な1日のスケジュールについて詳しく解説していきます。

2-1-1. 1日の摂取カロリーを1,000kcal前後に抑える

1週間で痩せることを目安として「1番早く痩せる」には、1日の摂取カロリーを1,000kcal前後に抑える(男性の場合1,400kcal前後)ことが大切です。
 
そして、食事における注意点としては、1日最低、体重×1gのタンパク質を摂取するようにしましょう。タンパク質の摂取量を保つことで、筋肉量が落ちにくくなり、また満腹感も増すので必ず意識してくださいね。
 
また、できればサプリメントなどで「マルチビタミン・ミネラル」を摂取しましょう。なぜなら、1日のカロリー摂取量を抑えると、栄養が不足しがちになってしまうからです。
 
特にビタミンやミネラルは身体の代謝に関わる大切な成分であるため、きちんと摂取することはダイエットにも効果的です。ぜひ取り入れてみてくださいね。

1週間で1番早く痩せる
食事ポイント

  • 1日の摂取カロリーを1,000kcal前後に抑える(男性の場合1,400kcal前後)
  • 1日体重×1gのタンパク質を摂取する
  • 栄養不足を避けるためできればビタミン・ミネラルのサプリメントを摂取する

2-1-2. 運動を1日2回取り入れる

上記の通り、食事のカロリーに気をつけた上で、運動を1日2回、それぞれ1時間程度取り入れていきましょう。
 
どれくらいの運動量が1番早く痩せることにつながるかは、個人の普段の運動量によって左右されますが、一般的には、1日2回、合計2時間程度であれば、ケガなどを避けられ最大限のカロリー消費が期待できるでしょう。
 
具体的には、朝、水分だけを摂取して、1時間ほどウォーキングを行います。朝、何も食べない状態で運動をすることで、身体に入ってきた食事をエネルギーとするのではなく、脂肪をエネルギーとしやすくなるからです。
 
そして、夕飯を食べた後も1時間のウォーキングをしましょう。外出が難しければ、YouTubeで提供されている運動などを行うのもおすすめです。

1週間で1番早く痩せる
運動ポイント

  • 朝起きて水分だけ摂取して1時間ウォーキング
  • 夕ご飯を食べた後に1時間のウォーキング

2-1-3. 具体的なスケジュールと注意点

ここまで解説してきた食事制限と運動方法を基準とした、具体的な1日のダイエットスケジュールを見ていきましょう。

起床後水を飲んで、すぐに1時間のウォーキング
 
ウォーキングから帰ってきて、できればリンゴを食べる(便秘対策)
 
30分後くらいに朝食を食べる(朝食例:おにぎりとお味噌汁など軽く食べる、目安のカロリーは200kcal)
お昼ご飯はお弁当など。外食であれば蕎麦やあっさりしたおかずの定食を選ぶ(目安としては300kcal以内に抑える)
 
途中小腹が空いたらプロテインドリンクやヨーグルト、ナッツを食べる
夕飯は炭水化物を抜いて、野菜たっぷりの脂肪燃焼スープを食べる、もしくは豚しゃぶなど、野菜+タンパク質で栄養を摂取(目安としては400kcal以内に抑える)
 
夕飯を食べたあとは1時間ウォーキングをする
注意点
  • タンパク質をしっかり摂取する(最低、体重×1g
  • ビタミンやミネラルをサプリメントなどで摂取する
  • 食事量を減らすと便秘になりやすいので、水分をこまめに摂取したり、りんごなど食物繊維の多い物を食べて対策をする
  • 体調不良を感じたらカロリー摂取量を増やすか、ダイエットを中止する

1週間のうちの前半(4日から5日)は、上記のようなスケジュールを参考に1日を過ごしていきましょう。

2-2. 後半は水分を排出してスッキリした身体を作る

1週間のうち、後半の2日から3日は、糖質制限やリンパマッサージを行い、水分を排出しましょう。
 
水分の排出は、「この日までに痩せたい」という日に1番痩せた状態に整えるために行います。
 
食事制限や運動は引き続き行いながら、これまで食べていたご飯などの糖質を全て抜く形になります。
 
そうすることで、身体から水分が抜け、体重が減るだけでなく、見た目もすっきりとすることでしょう。可能であれば、リンパマッサージなどを行い、さらに水分排出を促すと、より痩せて見えるようになります。
 
ここまで、徹底して行えば、水分が排出されることを含め1週間で2キロから3キロは落ちるでしょう。
 
食事の量をある程度確保した上で、運動も取り入れているので、筋肉量の減少を最低限に抑えながら、脂肪を減らすことができます。
 
以上、痩せる期間を「1週間」と想定した上で、1番早く痩せる方法について解説しました。
 
最後に注意点として、こちらの方法では、1日の摂取カロリーを基礎代謝以下に抑えるため、健康的な方法とは言えません。体調管理に注意し、異変を感じたらすぐにダイエットを中止するようにしてください。
 
次に、「この日までに痩せたい」という日まで2週間前後あるという人は、次章を参考にしてみましょう。


3. 【2週間】1番早く痩せるダイエット方法を解説


1番早く痩せるダイエット方法【2週間バージョン】は下記の通りです。

  • 1週目は軽い食事制限と運動で身体を慣らす
  • 2週目の前半は厳密な食事制限と運動で脂肪燃焼
  • 2週目の後半は水分を排出してスッキリした身体を作る

3-1. 1週目は軽い食事制限と運動で身体を慣らす

1週目は軽い食事制限と運動で身体を慣らします。
 
1日の摂取カロリー量や運動の取り入れ方、具体的な1日のスケジュールについて詳しく解説していきますね。

3-1-1. 1日の摂取カロリーを1,200kcal前後に抑える

2週間で「1番早く痩せる」ために、まず、最初の週は1日の食事を1,200kcal前後(男性の場合1,600kcal前後)に抑えるようにしましょう。
 
最初から厳密な食事制限や激しい運動を取り入れると、2週目に痩せにくくなる可能性があるので、まずは、基礎代謝前後に1日の摂取カロリーを抑えることをおすすめします。
 
食事における注意点としては、1日最低、体重×1gのタンパク質を摂取するようにしましょう。タンパク質の量を保つことで、筋肉量が落ちにくくなり、満腹感も増すので必ず意識してくださいね。
 
また、できればサプリメントなどで「マルチビタミン・ミネラル」を摂取しましょう。なぜなら、1日のカロリー摂取量を抑えると、栄養が不足しがちになってしまうからです。
 
特にビタミンやミネラルは身体の代謝に関わる大切な成分であるため、きちんと摂取することはダイエットに効果的です。なるべく摂取するようにしましょう。

2週間で1番早く痩せる
食事ポイント(1週目)

  • 1日の摂取カロリーを1,200kcal前後に抑える(男性の場合1,600kcal前後)
  • 1日体重×1gのタンパク質を摂取する
  • 栄養不足を避けるためできればビタミン・ミネラルのサプリメントを摂取する

3-1-2. 運動を1日2回取り入れる

上記の通り、食事のカロリーに気をつけた上で、運動を1日2回、それぞれ1時間程度取り入れていきましょう。
 
どれくらいの運動量が1番早く痩せることにつながるかは、個人の普段の運動量によって左右されますが、一般的には、1日2回、合計2時間程度であれば、ケガなどを避けられ最大限のカロリー消費が期待できるはずです。
 
最初、運動時間を合計2時間設けることが難しいようであれば、少し運動量を減らしても大丈夫です。後半、2週目に運動量を増やせるよう、1週目は運動に慣れることに集中しましょう!
 
具体的には、朝、水分だけを摂取して、1時間ほどウォーキングを行います。朝、何も食べない状態で運動をすることで、身体に入ってきた食事をエネルギーとするのではなく、脂肪をエネルギーとしやすくなるからです。
 
そして、夕飯を食べた後も1時間のウォーキングをしましょう。外出が難しければ、YouTubeで提供されている運動などを行うのも良いでしょう。

2週間で1番早く痩せる
運動ポイント(1週目)

  • 朝起きて水分だけ摂取して1時間ウォーキング
  • 夕ご飯を食べた後1時間のウォーキング

3-1-3. 具体的なスケジュールと注意点

ここまで解説してきた食事制限と運動方法を基準として、1週目における1日のダイエットスケジュールを下記のように作成したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

起床後水を飲んで、すぐに1時間のウォーキング
 
ウォーキングから帰ってきてから朝ごはんを食べる
(朝食例:おにぎりと、ゆで卵、お味噌汁などを食べる、目安のカロリーは200kcal)
お昼ご飯はお弁当など。外食であれば蕎麦やあっさりしたおかずの定食を選ぶ(目安としては400kcal以内に抑える)
 
途中小腹が空いたら間食にプロテインドリンクやヨーグルト、ナッツを食べる
夕飯は少なめの白米と豚しゃぶ(鶏モモ肉入りの野菜スープやお刺身などでもOK)など、500kal以内を目安に食べる
 
夕飯を食べたあとは1時間ウォーキングをする
注意点
  • タンパク質をしっかり摂取する(最低、体重×1g
  • ビタミンやミネラルをサプリメントなどで摂取する

普段より多少食事制限を行い、運動を取り入れていく形になります。
 
次の週にさらに体重減少を促進させるため、まずは、1週目はこのような生活を心がけてみてくださいね。

3-2. 2週目の前半は食事制限と運動で脂肪燃焼

2週目の前半、4日から5日は、食事制限と運動で脂肪燃焼を促しましょう
 
1日の摂取カロリー量や運動の取り入れ方、具体的な1日のスケジュールについて詳しく解説していきます。

3-2-1. 1日の摂取カロリーを1,000kcal前後に抑える

 
2週目の前半(4日から5日)には、1日の摂取カロリーを1,000kcal前後に抑える(男性の場合1,400kcal前後)ようにしましょう。
 
そして、食事における注意点としては、引き続き1日最低、体重×1gのタンパク質を摂取するようにしましょう。
 
引き続き、サプリメントなどで「マルチビタミン・ミネラル」を摂取することもおすすめします。

2週間で1番早く痩せる
食事ポイント(2週目前半)

  • 1日の摂取カロリーを1,000kcal前後に抑える(男性の場合1,400kcal前後)
  • 1日体重×1gのタンパク質を摂取する
  • 栄養不足を避けるためできればビタミン・ミネラルのサプリメントを摂取する

3-2-2. 運動を1日2回取り入れる

 2週目の前半(4日から5日)も、食事のカロリーに気をつけた上で、運動を1日2回、それぞれ1時間程度取り入れていきましょう。
 
1日2回、朝食前と夕飯後の運動を引き続き行なっていきましょう。1週目で2時間の運動ができなかった場合、2週目は必ず達成できるように頑張りましょう。

2週間で1番早く痩せる
運動ポイント(2週目前半)

  • 朝起きて水分だけ摂取して1時間ウォーキング
  • 夕ご飯を食べた後1時間のウォーキング

3-2-3. 具体的なスケジュールと注意点

ここまで解説してきた食事制限と運動方法を基準に、2週目前半の1日のダイエットスケジュールを下記のように作成したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

起床後水を飲んで、すぐに1時間のウォーキング
 
ウォーキングから帰ってきて、できればリンゴを食べる(便秘対策)
 
30分後くらいに朝食を食べる(朝食例:おにぎりとお味噌汁など軽く食べる、目安のカロリーは200kcal)
お昼ご飯はお弁当など。外食であれば蕎麦やあっさりしたおかずの定食を選ぶ(目安としては300Kcal以内に抑える)
 
途中小腹が空いたらプロテインドリンクやヨーグルト、ナッツを食べる
夕飯は炭水化物を抜いて、野菜たっぷりの脂肪燃焼スープを食べるもしくは豚しゃぶなど、野菜+タンパク質で栄養を摂取(目安としては400kcal以内に抑える)
 
夕ご飯を食べたあとは1時間ウォーキングをする
注意点
  • タンパク質をしっかり摂取する(最低、体重×1g
  • ビタミンやミネラルをサプリメントなどで摂取する
  • 食事量を減らすと便秘になりやすいので、水分をこまめに摂取したり、りんごなど食物繊維の多い物を食べて対策する
  • 体調不良を感じたらカロリー摂取量を増やすか、ダイエットを中止する

 2週目前半(4日から5日)は、上記のようなスケジュールを参考に1日を過ごしていきましょう。

3-3. 2週間の後半は水分を排出してスッキリした身体を作る

 2週目の後半(2日から3日)は水分を排出してスッキリした身体を作ります「この日までに痩せたい」という日に向けて、ラストスパート、頑張っていきましょう!
 
2週目の後半・ラストスパートのスケジュールのポイントは下記の通りです。

  • これまで食べていた炭水化物を全て抜く
  • リンパマッサージを行う
  • ストレッチを念入りに行う

食事制限や運動は、2週目前半のスケジュールを引き続き実行しながら、水分排出に力を入れていきましょう。最後に水分排出を促すことで、かなりすっきりとして見えるようになります。
 
ここまで、徹底して行えば、水分が排出されたことを含め2週間で3キロから4キロ程落とすことも可能です。
 
以上、痩せる期間を「2週間」と想定した上で、1番早く痩せる方法について解説しました。
 
ここまで紹介してきた方法は「1週間後までにどうしても痩せたい」「2週間後までにどうしても痩せたい」と考える人に向けて、「特別な日に1番スッキリした身体」であるために提案しているダイエット方法になります。
 
繰り返しますが、こちらの方法では、1日の摂取カロリーを基礎代謝以下に抑えるため、健康的な方法とは言いきれません。体調管理に注意し、異変を感じたらすぐにダイエットを中止するようにしてください。
 
次章では、1番早く痩せる「健康的な」3つの方法を解説します。


4.  1番早く痩せる「健康的な」3つの方法を解説!

 
ここからは、1ヶ月から3ヶ月程度のダイエット期間があることを想定して、1番早く痩せる「健康的な」3つの方法について解説します。
 
ここで紹介している3つの痩せる方法は、

  • リバウンドしにくい
  • 健康を害しにくい
  • 誰でも実践しやすい

の条件を備えた「1番早く痩せる方法」になります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

4-1. 基礎代謝前後のカロリーに設定した食事制限

 1番早く痩せる方法として、基礎代謝以下にならないような「食事制限」があげられます。
 
一般的には「有酸素運動運動」や「筋トレ」より「食事制限」が1番ダイエット効果が高いと言われています。そのため、食事制限ができない特段の理由がない限りは、こちらの方法でダイエットを進めていきましょう。
 
「基礎代謝以下にならないような食事制限」における基礎代謝の目安は、女性で1,200kcal、男性は1,500kclとなりますが、詳しくは、下記の計算式を利用して算出してみてください。

基礎代謝の算出方法・ハリス・ベネディクト方式の計算方法

男性:397×体重(kg)+799×身長(cm)−5.677×年齢+88.362
女性:247×体重(kg)+098×身長(cm)−4.33×年齢+447.593

※「keisan」サイトでは同様の計算が自動でできます。
 
「基礎代謝以下にカロリーを抑えてしまえばいいのでは?」と考える人もいるかもしれません。上述した通り、1週間から2週間の短期で結果を出したいのであれば、ひとつの選択肢となります。
 
しかし、1ヶ月以上の長期でダイエット計画を考えた場合、基礎代謝以下のカロリーに抑えると下記のようなデメリットが生じます。

  • 栄養不足で体調不良になるリスクが高くなる
  • エネルギーを消費しないように代謝が悪い身体になる
  • 少しでも多く食べた日には急激に体重が増える
  • 筋肉が落ちて体重が落ちても太って見える

これらの理由から、基礎代謝以下にカロリーを抑えることは、1ヶ月以上の長期で考えると、ほぼデメリットしかないため、おすすめはしません。
 
基礎代謝前後に1日の摂取カロリーを設定するのが、リスクを避け、ダイエット効果を最も高められる方法と言えるでしょう。

4-2. 20分以上の有酸素運動

1番早く痩せるためには、「食事制限」が最も大切ですが、食事制限が難しい人もいるかもしれません。その場合には、20分以上の有酸素運動を行うようにしましょう。
 
有酸素運動には脂肪燃焼効果が期待できるため、体重減少を目指している人に適しています。さらに、程よく筋肉もつくため、基礎代謝の向上も期待でき、太りにくい身体を作り上げることができます。
 
有酸素運動で、1番早く痩せるために、下記のポイント押さえるようにしましょう。

  • 負荷の高いジョギングや水泳を選ぶ
  • 最低20分以上、可能であれば1時間程度は行う
  • できる限り毎日行う
  • 運動強度は最大心拍数の40%から60%を目指す

まず、負荷の高い有酸素運動であるジョギングや水泳を選びましょう。ウォーキングではカロリー消費が少なく、「1番早く痩せたる」ためには適していません。
 
また、最低20分以上、最大心拍数の40%から60%になる運動強度で行いましょう。
 
20分以上行う必要があるのは、厚生労働省が提供する情報健康サイト「e-ヘルスネット」にあるように、有酸素運動を20分以上継続することで、エネルギー源が糖から脂肪に切り替わるからです。
 
さらに、あらゆる研究から、脂肪燃焼効果が最大になるのは、最大心拍数の40%から60%になる運動強度で有酸素運動を行なった時だと分かっています。
 
これは、「運動中に会話ができるくらい」「ちょっときついと感じるくらい」であると考えておくと分かりやすいでしょう。
 
これらのルールを意識した上で、毎日できれば1時間程度の有酸素運動を行なってみましょう。1時間程度に設定したのは、有酸素運動をやりすぎると筋肉減少につながることやケガの可能性が高くなってしまうことからです。
 
多くの人にとっては、毎日コツコツ1時間、有酸素運動を行うのが長く続けられ、1番早く痩せる方法と言えるでしょう。

参考:最大心拍数の40%から60%程度に運動強度を調整する方法

計算式:(220-年齢-安静時心拍数)×目標係数+安静時心拍数
 
例:「年齢30歳」「安静時心拍数80」の場合
(220-30-80)×0.4〜0.6+80=124〜146
124〜146の脈拍数であれば、脂肪燃焼効果が最大限になっていると判断できる。
 
測り方:運動後に10秒間脈拍を測って6倍し、1分あたりの脈拍数を出す

出典:日本健康運動研究所 運動強度の設定の仕方と測り方

参考:ジョギングを行うおすすめの方法

時速7㎞から9㎞くらいの、多少息が弾む「ちょっと苦しい」くらいの強度で行う。10分で約1.2㎞以上を走るスピードを目安にしてみよう。

参考:水泳を行うおすすめの方法

水中ウォーキング20分と平泳ぎ10分を2セット行ってみよう。

水中ウォーキングは10分間に400m程度進むくらい、つまり、25m1分ちょっとで歩くペース、平泳ぎは25m30秒で泳ぐペースを目指そう!

4-3. 大きな部位を中心とした筋トレ

1番早く痩せる方法として「筋トレ」を選択するのもひとつの方法です。
 
ただ、体重減少を1番の目的とするのであれば、筋トレだけでなく食事制限や有酸素運動も一緒に行うことをおすすめします。なぜなら、筋肉と脂肪では筋肉の方が重いため、筋トレのみを行うと体重が増えることがあるからです。
 
体重減少より理想の体型になることが目的なのであれば、筋トレのみを取り入れても効果が期待できます。
 
具体的には、筋トレを行って早く痩せたいという人は、脚や背中などの大きな部位を中心とした筋トレをおすすめします。大きな部位を中心とした筋トレには下記のようなメリットがあります。

  • 筋トレの効果が表れやすい
  • 大きな筋肉を鍛える運動はそもそもカロリー消費量が大きい
  • 大きな部位には筋肉がつきやすく基礎代謝をアップさせやすい

特に下半身を鍛える「スクワット」は、しっかりと行えば消費カロリーが高いです。その上、下半身は基本的に筋肉がつきやすい箇所であるため、筋肉量を増やすことにつながり、基礎代謝アップの効果もすぐに出やすいでしょう。
 
筋トレを行なって早く痩せたいという人は、下半身を中心に、筋肉痛になるくらいの負荷をかけた上で、週に2回から3回、各1時間程行うことをおすすめします。
 
また、「有酸素運動」「筋トレ」それぞれのみでも痩せる効果や身体を引き締める効果が期待できますが、可能であれば両方行ってみましょう。
 
特に、筋トレの後に有酸素運動を行うと高い脂肪燃焼効果が期待できます


5.「1番早く痩せる」目標を達成するためのポイント


「1番早く痩せる」という目標を達成するためのポイントについて紹介します。

  • 目標を設定する
  • 食事制限を必ず行う
  • 「むくみ」を取ることを心がける
  • 睡眠を整える

5-1. 目標を設定する

「1番早く痩せる」目標を達成するためには、目標設定が非常に重要になります。
 
例えば、「半年で12キロ痩せる」ことが目標なのであれば、1ヶ月で2キロ痩せる必要があります。
 
このように目標を立てることで、1ヶ月の生活を振り返り、目標が達成できなければダイエット方法を見直すなどし、成果につなげることができます。
 
一方で、何も目標を立てず漠然と「痩せたい」と考えるだけでは、目の前の体重に一喜一憂するだけで、結局半年単位で見ると体重減少とリバウンドを繰り返していただけということになりかねません。
 
「1番早く痩せる」ことを達成したいのであれば、しっかりと自分の目標を設定し、常に目標に向かって対策を立てていく必要があります。

5-2. 食事制限を必ず行う

「1番早く痩せる」という目標を達成するためには、食事制限をおすすめします。
 
どうしても食事制限が難しいというのであれば、前章で紹介したように、効果の高い形で有酸素運動や筋トレを取り入れてみてください。
 
ただ、特段の事情がない限りは、1番早く痩せるのは「食事制限」で間違いないので、必ず行うようにしましょう。
 
運動のみでは消費カロリーは大きくなく、実際に、研究者のアイリーン・ワインハイマーらが行なった研究検証においても、運動より食事制限ダイエットの方が効果が大きいという結果が出ています。
 
以上のことから、「1番早く痩せる」という目標を達成したい場合、食事制限を必ず取り入れるようにしましょう。

5-3. 「むくみ」を取ることを心がける

「1番早く痩せる」ために、常に「むくみ」を取ることを心がけましょう。水分排出により脂肪が燃えるわけではないものの、体重減少とスッキリした見た目になる効果が期待できます。
 
「1番早く痩せる」ことを目的としているのであれば、脂肪燃焼より水分排出の方が簡単にできる上に、即効性があるため、必ず取り入れるべきと言えるでしょう。
 
また、毎日むくみを放置しておくと、太って見えるだけでなく、血行が悪くなって代謝に影響することも考えられます。代謝が悪いと脂肪が燃えにくくなるので、ダイエットにとっていいことはありません。
 
そのため、日々マッサージやストレッチなどを行い、むくみを解消することをおすすめします。

5-4. 睡眠を整える

1番早く痩せるダイエットを行う際には、「睡眠を整える」ことを意識しましょう。睡眠不足の状態が続くと、意志をコントロールしにくくなり、ダイエットに支障が出るからです。
 
「寝不足でイライラしてしまって、お腹が空いていないのに食べてしまった」という経験がある人も多いのではないでしょうか。睡眠時間が不足すると、集中力や意志力の欠如などにつながることが分かっています。
 
さらに、「睡眠時間が少なくなると食欲が増進する」「睡眠時間が長い人と比べて短い人の肥満になる可能性は数倍」といった、睡眠不足がダイエットと密接に関連していることが分かる研究もたくさんあります。
 
これらのことから、1番早く痩せるためには「食事制限」や「むくみを解消」が何より大切ではありますが、ダイエットの土台となる睡眠を整えることも成功のポイントと言えるでしょう。
 
何時間くらい睡眠時間を確保すればいいのかという点は人それぞれなのですが、500人の男女を13年間調査した研究では、1日の睡眠が7時間より少ない場合には8時間睡眠の人より8倍肥満になりやすかったという結果が出ています。
 
この研究を参考に、睡眠時間が足りていない人は、まずは、7〜8時間の睡眠を目標にしてみましょう。


6. 「痩せて見える」ための裏技4選

本章では「痩せて見える」ための裏技4選について紹介します。
 
多くの人にとって、ダイエットの目的は「痩せているように見せたい」「スッキリしているように見せたい」ということでしょう。
 
体重を常に公表しているわけではないため、体重にこだわるだけでなく「痩せて見える」ための工夫をすることも大切です。
 
痩せて見えるために今すぐできること4選を紹介していきます。

  • 補正下着をつける
  • 姿勢に気をつける
  • 痩せて見える服を選ぶ
  • メイクや髪型を工夫する

6-1. 補正下着をつける

 補正下着をつけると、身体のラインが綺麗に見えるので痩せて見えます。
 
締め付けが強いと短時間しかつけられないこともありますが、「何かイベントのある日のみ細く見せたい」という人に向いています。
 
ヒップアップ効果やウエストを細く見せる効果が期待でき、筋トレを長期間やらなくてもメリハリのある身体に見せられるので、ぜひ活用してみてくださいね。
 
補正下着には色々な種類がありますが、上半身用と下半身用両方があるため、より細く見せたい方の補正下着を選ぶと良いでしょう。

6-2. 姿勢に気をつける

姿勢に気をつけるだけで痩せて見えます。
 
簡単ですが、意外と侮れない裏技です。「胸を開いてまっすぐに立っている」か「猫背でお腹を出して立っている」かだけで、見た目が2キロから3キロ変わってくることもあります。
 
最初は辛いかもしれませんが慣れるまでの辛抱です。姿勢を正すと筋肉を使うので、基礎代謝アップも期待できます。ぜひ試してみてくださいね。

姿勢を正す方法

  1. 壁を背にして、かかと・ふくらはぎ・お尻・肩・頭をつける
  2. その姿勢を常にキープする

(注意点)

  • 猫背の人が多く肩が壁につかないことがあるので、その場合ストレッチなどで肩周りをほぐす
  • どうしても猫背になってしまう人は「姿勢矯正ベルト」などを利用するのもおすすめ

6-3. 痩せて見える服を選ぶ

 痩せて見える服を選びましょう。
 
体型によっても変わってきますが、一般的には、下記のような服が痩せて見えると言われています。

  • 紺色や黒などの色の服(×膨張色)
  • ぴったりサイズの服
  • ウエストが引き締まっている服

服装で数キロ太って見えてしまうのは非常にもったいないです。自分の体型に合った痩せて見える服を選ぶようにしましょう。

6-4. メイクや髪型を工夫する

メイクや髪型によっても印象は大きく変わるでしょう。
 
例えば、フェイスラインの緩みが気になるのであれば、シェーディングを入れることで多少解消されますし、ハイライトを入れて、フェイスラインではない箇所に視線を移すこともできるでしょう。
 
「いつもより暗い色のファンデーションを使うと小顔効果が期待できる」「髪を短くすることで小顔効果が期待できる」など、メイクや髪型で痩せて見せることが可能です。
 
自分の顔に合った、メイクや髪型を研究してみてくださいね。
 
以上、痩せて見せるための工夫はいくつかあるので、「目標の体重まで減らせなかった」という人も「目標の体重まで減らせたけどもっと痩せて見せたい」という人も、ぜひ試してみてくださいね。


7. まとめ

本記事では、

  1. 1番早く痩せる方法は「食べない」ではない
  2. 【1週間】1番早く痩せるダイエット方法を解説
  3. 【2週間】1番早く痩せるダイエット方法を解説
  4. 1番早く痩せる「健康的な」3つの方法を解説!
  5. 「1番早く痩せる」目標を達成するためのポイント
  6. 「痩せて見える」ための裏技4選

について解説しました。
 
1番早く痩せる方法は「食べない」ことだと勘違いされやすいですが、実は、ほとんど痩せることはなく、痩せられたとしても一瞬です。効率的で効果の高いダイエット方法とは決して言えないのです。
 
そのため、1番早く痩せるためには、スケジュールを立てて、計画通りにダイエットを実行していくことが大切になります。特に、「痩せて見せたい特別の日」に向けて、水分排出などを計画的に行うことで、大きく見え方が変わってくるでしょう。
 
本記事では、「痩せて見せる」ための裏技も紹介しています。「数キロ痩せる」のは大変ですが、「数キロ痩せて見せる」のは意外と簡単です。ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
本記事を読むことで、1番早く痩せる正しい方法について理解し、理想の自分に向けて行動を起こしてもらえたなら幸いです。

 

 

習慣化アプリ「みんチャレ」を使う人の70%が、アプリを使い始めて21日以上習慣を継続しています。一人ではなかなか習慣化できないことでも、同じ目標を持った仲間と励まし合いながら取り組むと楽しく続けられます。まずはみんチャレアプリをダウンロードして、興味のあるチームに参加してみましょう。

\ 100万人が使うNo.1習慣化アプリ /