体重を報告し合い、1年で10kgのダイエットに成功!
本音を言える仲間が応援してくれるから頑張れる

ダイエットに関連した「体重管理」チャレンジはみんチャレを利用する20代〜50代の女性の20%が取り組んでいる、人気の高い習慣です。また、みんチャレで60日以上体重記録を行ったユーザーは、120日で平均−3kgの減量がみられたという結果が出ています。
今回は、みんチャレで1年以上体重・食事管理を続けられている水森さんに、みんチャレの活用方法を伺いました。

体重管理を1年間実践
水森さん(50代・主婦)
みんチャレで同じ目標を持つチームの仲間に毎日体重を報告し、これまで続かなかった体重記録を続けることができるようになりました。 また、チャットでお互いに励まし合うことで、体重や食事の管理への意識が高まると同時に楽しく継続することができ、1年で10kgの減量に成功しました。

取り組み内容

・2021年8月からみんチャレアプリ内の「体重管理」カテゴリーの4チームに参加
・チームの仲間に毎日の体重を報告
・おすすめのレシピや食品など、ダイエットに関する情報交換なども行うことで、やる気が継続
・体重報告をするだけでなく積極的にメンバーと会話し、日々の交流を楽しんでいる

目次

1.ダイエットを一緒に頑張る仲間を見つけるために、みんチャレを使い始めた

1-1.コロナ流行で人生最大体重を記録、1人ではダイエットが続かないことが悩みだった

若い頃は体重が56kg前後で健康診断の結果がオールAだったのですが、結婚後に徐々に体重が増えていきました。
これまで様々なダイエットに挑戦してもなかなか続かず、70kg前後で推移していました。そして、新型コロナウイルス流行に伴い、人生最大体重である78kgを記録しました

このままではいけないと自力で食事を調整した結果、71kgまでは体重を落とすことができましたが、その後思うように体重は減らず、1人でダイエットを続けることに限界を感じていました

1-2.同じ目標を持つ仲間と出会えるみんチャレを知り、これならできそうと思った

1人では続かない。誰かと一緒だと頑張れるけど、パーソナルジムはお金がかかるし、知り合いに体重などは公開したくない。
「お金をかけず、手軽に誰かと一緒にダイエットを続ける良い方法はないか」と思っていた時に、ダイエットをされている方のブログを読んでみんチャレのことを知りました。

アプリのレビューを見ると評価も高く、匿名で同じ目標を持った方々と一緒にダイエットに取り組めるというコメントを読んで、これなら自分でも頑張れそうと思い使い始めました

2. チームの仲間と励まし合いながら、-10kgの減量に成功

2-1.チームの仲間に毎日体重を報告することで、ダイエットへのモチベーションが高まった

みんチャレをインストール後、まずはとにかく毎日体重を記録することを習慣にするために、体重管理のチームに入りました。同じ境遇の仲間とダイエットのために毎日体重を報告し合うことで、お互い刺激になり、やる気が続いて体重記録を習慣化できましたさらに、体重をグラフとして視覚化することで、食事と体重の関係を意識するようになり、食事の内容や量が調整できるようになっていきまた

 
毎日体重を測ってチームのメンバーに報告、体重記録を続けることで食事内容も調整できるように

最初に参加したチームは今でも続いています。メンバーと日が経つにつれて友達のように仲良くなることができ、そのおかげでダイエットを楽しく継続することができるようになりました。

私は専業主婦なので普段人から褒められる機会がありません。チームのメンバーに体重以外にも料理の写真やダイエットの頑張りを共有し、褒めてもらえることが嬉しくて、もっとたくさんの仲間と一緒に頑張りたいと思うようになりました
みんチャレでは自分でチームを選べます。そのため、興味があり、長続きしそうと感じた体重カテゴリーの4つチームに参加しました。どのチームも退出せずに現在までチャレンジを続けており、それぞれのチームのメンバーに毎日体重を報告し、お互いを励まし合ったり、ダイエットの頑張りをほめ合っています。

私の参加している各チームはそれぞれ体重を報告する決まりのみです。主治医から 軽い糖尿病なので もう少し痩せなさいと言われている人や、健康診断の結果を良くしたい人などが参加しています。それぞれが「半年後の健康診断までに体重を減らしたい!」「 健康診断の結果を良くしたい!」と目標を決めて取り組んでおり、5kgの減量に成功したり、血液検査の数値が良くなっている方もいらっしゃいます。

       

    チームのメンバーに毎朝の体重を報告。他にもダイエットに関する報告し、メンバー間で褒め合ったり励まし合ったりしている。

    2-2.1年で-10kg減に成功!仲間の励ましで長い停滞期も乗り越え、リバウンド知らずに

    みんチャレを利用してから、これまで1人では続かなかった食事管理や体重記録が続くようになり、利用開始時に71.1kgあった体重を59.9kgまで落とすことに成功しました。

    途中体重がなかなか減らない時期もありましたが、チームの仲間と励まし合ったことで、乗り越えることができました。グラフを見ていただくとわかりますが、4ヶ月ほどの長い停滞期がありました。停滞期は様子をみても体重が減らず、チームのメンバーに相談してアドバイスをもらったりしました。
    1人でダイエットをしている時は、停滞期がくると挫折してリバウンド…という負の連鎖に陥っていましたが、みんチャレの仲間がいると客観的に「今は停滞期だから」と気付かせてくれ、落ち着くことができました。

    また、怠けてしまって体重が増えている時期もありましたが、皆が励まし続けてくれるので、やる気スイッチが入ってまた減り出すという時もありました。

         

    毎朝投稿している写真のデータと、体重が増えた時のチームのメンバーからの励ましのメッセージ

    2-3.おすすめの糖質オフ食品や献立などの情報を交換し、ダイエットのマンネリ化を防止

    ダイエットを続けられた要因として、チームのメンバーとの情報交換があります
    会話の中で、実際に試して効果があったダイエット法や、おすすめの食品なども教え合っています。

    例えば、空腹が辛かった時に「炭酸水を飲むと気が紛れる」とか、それが飽きてきた時に「このメーカーがこんなフレーバー出していて美味しい」ということを教えてもらいました。食事を制限していると献立がマンネリ化してくるのですが、糖質ゼロの麺があるとか、ここで売っているトマト味のヨーグルト(!)が美味しかったとか、糖質オフのお菓子でこんな商品があるとか。
    食品以外にも、宅トレにおすすめのYoutubeのチャンネルやダイエットグッズなども教えてもらいました。

    メンバーの実体験を元に新しい情報を知って試すことで、マンネリ化の防止に繋がりました

      

    低カロリーのレシピや低糖質食品について日々情報交換している

    3.気軽に本音を話せる仲間に出会え、交流できることが楽しい

    現在所属している4つのチーム

    3-1.同じ目標を持つ匿名の5人1組で、気軽に会話することが楽しい

    みんチャレは匿名で参加でき、チームのメンバーと気軽に話すことができます。そして、ダイエットの習慣化など、同じ目標があるため、チームの1人がちょっとくじけそうになってると、みんなで励まし合ったりする雰囲気がすごく良いなと思っています。
    また、もし自分と馬が合わない人がいて「このチームが自分の肌に合わないな」と思ったら気軽に抜けることもできますし、逆にそのチームが気に入れば長くいることもできるのが魅力です

    5人1組という人数も丁度よく、面倒見がいい人や、誰にでもすごく優しい人など、色々な人が集まります。そういうバラエティに富んだ5人がなんとなくいつも集まって、自分では気がつかない発想を聞いたりすることも、すごく刺激的です。
    なぜ5人なのか、一度考えたことがあるんです。これが3人だったらどうなのかなとか、8人だったらどうなのかなとかいろいろ考えたこともあるんですけど、やってみて、5人というのが一番バランスがいいのかなと感じています。

    3-2.ダイエット以外の悩みも相談できる仲間の存在は、全国にご近所さんがいるような感覚

    身近な存在である仲間に、ダイエット以外の悩みを相談できることも嬉しいです。

    チームのメンバーと毎日話してるうちに、色々な悩みも相談できるようになりました。「家でこんなことがあったよ」という些細な話や、ちょっとした愚痴から、病気のことに関する話題もでます。
    そういった会話をすると、「悩んでいるのは自分だけではなかった」と安心することができます。

    チームの仲間とは、今では地震があったときに安否確認をするほどの仲になりました。住んでいる地域はみんな違いますが、そういった「いつも気にしてくれてる人がいる」ということが嬉しいです。

    メンバーの方と写真を送り合って、「今日はこんなところに行って、こんなところが綺麗だったよ」と気軽に会話をすると、遠くにご近所さんや友達がいるみたいで、日々癒されています。

    3-3.様々なバックグラウンドを持つ人と交流できることが楽しい

    現在、複数チームに参加できるプレミアムを購読し、4つのチームでそれぞれのメンバーとの会話を楽しんでいます

    私は普段なかなか外との繋がりがなく、最初に入ったチームのメンバーとすぐに仲良くなれたことで、「もっと多くの人と話したい、他のチームに入ってみたい」と思うようになりました。

    1番最初に入ったチームは、子供を持つ女性がダイエットに取り組むチームでした。自分のことが二の次になってしまい、ダイエットのことを一番に考えられないという仲間のチームです。

    男性もいるチームでは家庭の話になった時にお互いに男性目線、女性目線の考えを知ることができたり、自分の子供と年齢の近い10代の子がいるチームでは、若い人の気持ちも知ることができたりして楽しいです。女性限定のチームでは、女性ならではの体の悩みや、ホルモンバランスに関する悩みなんかの話もできることが、すごくありがたいですね。

    また、若い頃と違い、40代、50代になると体重は簡単には落ちません。私の年代が健康的に痩せるためには長い時間をかけて生活習慣を変えていく必要があると考えています。そのため、年齢の近い、同じ悩みを共有できる人とダイエットに取り組みたいと思い、オーナーとして40代、50代限定のダイエットのチームを立ち上げました。

    自分で立ち上げた、40~50代限定の体重管理チーム

    4.みんチャレの楽しみ方

    4-1.外との繋がりがあまりない人や、1人だと何事も続かない人におすすめしたい

    何か明確に習慣化したいことがある人にはもちろんですが、特にお年を召した方ですとか、私みたいな専業主婦など、外との繋がりを作りにくい人には、交流を持てる場所なので特におすすめです。
    何か目標があって1人でできればいいのですが、そうじゃない人は、1人だと挫折しがちなことも、応援してくれる人がいるとやる気がでます

    4-2.楽しむコツは、積極的にコメントを入れたり、自分に合うチームを探すこと

    みんチャレは、積極的にコメント入れてチームのメンバーと交流すると、楽しくなってくると思います。いつでも退出できるので、自分の肌に合うチームを探し求めるのもいいかと思います。最初は無料で複数チームに参加できる期間もあるので、気に入ったチームにいろいろ入ってみるのもいいと思います。

    昔から友達だったんじゃないのっていうぐらい気の合う人が見つかると、とても楽しいかなと思います。

    4-3.オーナーになると、他のメンバーのことをより気にかけるようになる

    自分でチームを作成すると、より積極的にチャレンジ投稿をしたり、チームのメンバーと会話をするようになりました。チームのオーナーになると、普通にメンバーとして参加している時と違い、他のメンバーのことのある意味面倒を見るというか、チームを引っ張っていく役割があると感じています。そのため、チームのみんなのことをより気にかけるようになりました

    5.これからも生活の一部としてみんチャレを使い続けたい

    みんチャレを始めてからもうすぐ1年、ではみんチャレが生活の一部になっています

    緩やかではありますが体重が減っており、ダイエットの成果が出ていて、今までのように自分1人でやっていたら、きっととこんなに長く続くことはなかったと思います。続けられたのは、本当に仲間の存在というのが、すごく大事だなと思いました。

    みんチャレの仲間には家族にも明かしていない本当の自分の体重を明かしています。本音を言えることは精神的にもありがたいです。
    今辞めてしまうと体重も戻ってしまう気がするし、何よりせっかくできた友達との関係を、ずっとこのまま自分の生活の中に取り入れて行きたいと思っています